pomtaの日記

だいたい読書感想か映画感想です。たぶん。

まったりしてしまた

 入荷がまだなので、のんびりできるなぁ、とか思っていましたが、日記書かなきゃあかんやんけーっと思い出し、書きだした次第。いつもなら、このネタがあるから書かなきゃ、になるのですが、今日はネタがないので忘れていたという・・・ヤバい。これが重なると書かなくなる奴だ。

 あとね、五十ページぐらいで読み終える筈だったのですが、ちょっと読むスピードというか調子に乗る事ができない作品だったので、ゆるゆる読んでいます。それに三分冊の一冊目だったし、一応経過報告で書いとく?

 

  1960年代の作品ですよ。映画化されたのは三十年以上前。TVドラマ化も近年されていますね。宇宙帝国の中の勢力争いで、一旦没落した公爵家の子息が復讐&カンバックするのがあらすじみたいな話・・・と理解しております。ちゃんと読むのは初めてで、映画版は公開当時そんなに評価されていなかったはず。自分は見ていません。主演のカイル・マクラクランは、この後の『ツイン・ピークス』で復活した、みたいな空気でした。1990年代初頭の話です。

 古さを感じないというか、自分が読んでいるのが新訳なので日本語の使い方に古さを感じないのが第一。あと科学技術的なネタ説明があんまりないので(某ファウンデーションは1940年代の作品なので原子力銀河帝国を築いていて、小学生だか中学生時代に読んだ自分もさすがに吹いた)、そういう時代遅れ感があんまりないというところでしょうか。まだ主人公一家が裏切られて没落。主人公と母親が処分される前に辛くも脱出するシーンまでしか読んでいませんが。

 精神的なものとか、劇中の歴史でAIが間違いを犯して酷い事になったので、人の演算能力を強化した人々が上流階級で重宝されているとか、そんな描写が特徴的でしょうかね。あとスピリチアルな能力で人をコントロールする技術とか、超能力というより技術や才能として語られています。

 読んでみようと思ったのはTwitterで「少年が次第にすれっからしになっていく」という作品に対するコメントが回ってきまして、紙の本は絶版になってしまいましたが『エルフ皇帝の後継者』という小説で、孤立無援の皇帝の息子が、何とか奮闘して宮廷で地歩を築き、皇帝として勤めようとしている物語が大変好みであると自覚しましてね、そういう少年が成長・・・というか、まっすぐ伸びるのではなく、善も悪も飲み下させるようになっていく様子が読みたかったのです。

 あ、丁度入荷したので今日はここまで~。

痛い。

 左足踵裏のイボ治療は長期化して久しいのですが、昨日は噴射される液体窒素の量がいつもの1.5倍ぐらい(個人の感想です)。えらい長く噴射されましてね。悲鳴を上げるのは負けを認める事、と妙な意固地を張りまして我慢したからかな。おかげで歩くのがつらい。靴を履くのもつらい。早く凍傷?が引いてくれないかなぁ。

 そんな事はまったく関係ないのですが読み終わったもの。

 

  あ、絶版なんだ。前回は十年ぐらい前に読んだのではないかと・・・もっと前かな。遺伝子学が発達した未来で、ヒトよりも少しだけ劣った亜人に全ての差別を背負わせて社会の平穏を保っていた時代。まぁパンデミックに対応できず、世界規模の動乱、核戦争が起こり『人類は衰退しました』状態の中南米が舞台。科学技術を保存していた都市が群雄割拠状態の諸国家を制圧していく過程で、過去のスーパーな人口知性を巡る事件が話の筋ですが、言ってしまえば、不老長命の業を背負わされた亜人たちの復讐劇に父娘、父子の愛憎からみあっているという感じ。つまり親子ものとして昨日の本とつなげられるなぁ、と思っていたのですが、思いの他ナポレオンの話題は字数を稼げました。

 不死身の兵器だったり、人口知性への唯一のアクセス権だったり、亜人たちは様々な人間の業を背負わされて生み出されており、あるものはその復讐の為に生きていて(復讐といっても人間に対するというより、自分が世代を超えて過去を生きた記憶を持ち続ける『呪い』を断ち切る為にやっている感じ)、あるものはただひたすら自分が愛する者の幸せを願う為に破壊や殺戮をまき散らしたり、ひたすら切ないエピソードの連続なんですよね。

 このシリーズ、結構好きなのですが、発表が新しいほど過去のエピソードにさかのぼっていく、というのが、ちょっと個人的に好みではなくて、いつか時系列順に読みたいな。全て文庫化してくれれば叶うかな、とか、ぼんやり考えているうちに忘れてしまって・・・あ、2012年に出たものまでは読んでいます。はい。

 気が付いたら2021年でしたという。久しぶりに読み終えて、あー、なるほど。そっか。こういう読後の後味だったから購入を躊躇ったんだなぁ、と思い出しました。『グアルディア』は文庫化されていたのに何故購入しなかったのか。続編の文庫化待ちをしていたんだろうなぁ。一括して買ってやろうと。

 まぁ別のシリーズで昨日それをやらかしましたがね。完結している訳ではないし、なんなら著者はお亡くなりになってしまったけれど。でも図書館には入らないだろうと思ったので、その本は文庫版が出たのを機に買いました。それの感想はまた今度。

 思い付きで購入した古いSF小説に今かかりきりなのです。はい。

親子もの

 別に日曜日が母親の一周忌法事だったから、という訳ではありませんが、読み終わったものがそんな感じなので。

 

  タレーランとかフーシェと絡めたナポレオンの評伝・・・みたいなものを読んでからは、ナポレオンの『天才性』って相対的にしか見れなくなって、どちらかというと「こいつ、仕事できるけど、あんま部下の事を思いやらない『ワンマン社長』みたいだな。付き合いたい人間とは思えない」という感想しかなくて、特に興味もなかったのですけれども、そういえば息子の二世とか、甥の三世、その息子の四世って、良く知らないよなー、と思い借りてみた次第。

 ナポレオンの息子二世は、母方がハプスブルグ家なので、もうフランスとは縁切りさせドイツ貴族として成長させるよう骨を折っています。しかし自分の恋愛に夢中な母親はともかく、『フランス人の皇帝』『英雄』の息子の自覚を持ってしまった二世は、軍人になって、父親の跡を襲おうとするのですが、肺炎で若くしてあっさり死去してしまいます。

 三世はナポレオンにとって義理の娘と弟の間の男子で、二世在世中は彼を助けてボナパルト一派の復権に尽力し、彼の死後はボナパルト家家長(みたいな立場)に立ち、一族の政治的復権を画策。選挙で大統領になり、クーデターで皇帝になり、基本的に今日のパリとか、英仏協調路線とか、つまり近代以降のフランスを政治的に規定したにも関わらず、そして自身が望まなかった普仏戦争を受けてたち、敗北してしまい、プロイセン軍の捕囚になってしまったが為に、体裁が悪いからか評判が悪い人物で、ちょいと気の毒な感じです。彼がイギリスに亡命している最中はまだまだ復権の目はあったようですが、老齢からか病死してしまいます。

 四世は三世が皇帝になってから誕生した生まれながらの皇太子で、十代で運命の暗転を経験します。そして父の死後、フランス皇帝の後継者である事を強く意識し、また『軍事の天才ナポレオン』の呪いみたいなものを背負い、政治家としての片鱗を見せながらも軍務につくことを拘り、むりむりイギリス軍に参加した挙句、不運な遭遇戦で命を落とすという・・・そういうテンプレート運命なんですか?

 他にもね、なんかね、遺言の文言を巡って家長はオレ!!みたいな争いが五世以後のナポレオンズでは起こっているようで、今となっては政治活動よりも実業家、文化的なナポレオンたちの業績評価とかに一族は活動の重点を置いているようです。

 来訪者としての王者、みたいな扱いのナポレオン一世なんですけれども、王族ソサエティへの参入を試みたりして、なんとなく血縁サークルに入れなかったイメージなんですけれども、一族の末裔たちは、なんとなーく現代的なお貴族活動をしているようです。まぁ三百年程度経過すればね、上流社会に加わっていれば、それなりにね。

 もう一つ書くつもりでしたが、いい感じに埋まったので、それは明日に回します。

敗戦国の特徴

 第二次大戦の日本って、行き当たりばったりの戦線を拡大した挙句に、ボロッボロに負けたというイメージがあるのですが、最近ドイツもそうだったんだ、と知りました。

 

  漫画とかのセリフで「ドイツの科学力は世界一ぃぃぃぃ」とかいうのがあるのですけれども、技術力は生産力にイコールぢゃないし、政治とか情緒とか合理性とかけ離れたところが優先されると、早晩破綻していくという事が解ります。

 ヒトラーという男がどういう思想形成したのか、という本を以前に読んだので、比較的ノンポリ青年の彼が対一次大戦後の軍人事務所に勤めていて、そこを国防軍諜報機関により政治教育を受けて、反ユダヤ、反共産主義を増長させたと知っているので、国防軍が実はナチスの犯罪行為に有形無形で協力していたというのは想像できる事でした。反共とは違うところでドイツの東方植民地の為にソ連、いやさロシアに対して侵攻するというのは、国防軍も共有していたという事です。

 ただし、彼らは当時陸軍大国と目されていたフランスに対して、あまりにも鮮やかな勝利を得てしまったが為に、スターリンの大粛清で将校団がほぼ根こそぎ抹殺されてしまったソ連軍を侮っていました。後世に機密公開された情報を研究すると、この認識は間違いで、日露戦争で数に劣る日本陸軍に敗退した事を深刻に受け止めたロシア陸軍は戦争のドクトリンを研究し、ノモンハン事件日本陸軍に対してリベンジを果たしたロシア=ソ連陸軍は、当時最先端の陸軍ドクトリンを持っていました。

 端的に言うと、他国が戦闘の勝利を積み重ねによってしか戦争の勝利を得られないと考えていたのに、ソ連陸軍は、戦術レベルの作戦を有機的に組み合わせて、合理的な戦略目的達成を企図して戦役を計画しており、言ってしまえば無駄の少ない戦争計画を立てていた、という事でした。

 例えばドイツ軍は、ある一つの目標を作戦目標にして作戦を立て、それの勝敗が決してから新たな計画を立ち上げる訳ですけれども、ソ連軍は詰将棋のように展開した部隊、師団、軍を配置し、それぞれがあらかじめ支援し合いながら作戦を実行していきます。なので「畑から兵隊が採れる」と揶揄されるほど人員の補充が容易だったのは、後方の支援もともかく、ドイツ軍の攻勢に対して初期の奇襲攻撃時はともかく、その後はドイツ軍はそれほどソ連軍に対して有効な打撃が与える事ができなかった、という事です。もちろんそういう対応は本来ならばできたのに、それができる将校を根こそぎ排除してしまった為に、生き残ったソ連軍が実戦という過酷な経験を経なければ体得できなかったものですが。

 あと、それほど「必然」と考えていたソ連侵攻が極めて杜撰な戦争計画しか用意されておらず、というか、そもそもどういう状態になったらソ連が敗北を認めるのか、という事すら真剣に研究された形跡がない。だから攻勢に立っていたドイツ軍の目標は年ごとに変わるという杜撰なもので、それに対応する補給も後手に回り、言ってしまえば『無駄な勝利』を重ねていたとも言えます。どこかの日本軍が中国相手にやらかした事と、良く似ていますね。

 結果、恐るべき消耗戦を合理的に戦ったソ連軍の方が、もともとリソースで劣るドイツ軍を次第に圧倒していき、ついにはドイツの敗戦が決定します。そして絶滅戦争を仕掛けたドイツ国防軍に復讐するソ連軍の行為も非人間的で凄惨なものとなっていきます。

 ちなみにドイツは国民に耐乏生活を強いたが故に革命がおこり敗北した第一次大戦の事を理解しており、ドイツ人を優等人種とし豊かな生活を保障して、捕虜や他民族を奴隷よりも酷い使い捨て生産力として利用していました。つまりナチス国防軍、一般国民は共犯関係にあったといっても過言ではない。だからベルリンが瓦礫の山となるまで抵抗した、とも言えます。他人からの搾取によって得る豊かさ・・・まぁ戦後八十年近く経過して、こういう『帝国主義』的経済構造は変化してきている・・・と信じたいですよね、はい。

梅雨とは思えぬ爽やかさ

 今年の梅雨はそんな感じで、蒸し暑いなぁ、と思う日がある一方で、爽やかな暑さの日と言うのもあって、ああ、梅雨前線の北側か南側かで体感が変わるのかなぁ、と思ったりしたり。

 読み終わったものは、そんな話題とはまったく関係ありません(オイ

 

  今回は転校生おぜうさま、学友ができるの巻、と初デート(メイドさん同行)、そして少佐のトラブルって感じでしたかね。

 大正五年だそうで、ちょろりとwikiで調べたけど、栄町に百貨店の『いとう呉服店』ができたのは明治四十三年だそうな・・・まぁいいか。いずれにしてもできて間もないって感じ。まぁメイドさんたちに「庶民の敵!!」とか言われて百貨店には入店しなかったのですけれども。

 一応デートのハイライトは名古屋城天守閣を見に行くところで、ええ、名古屋市民としては納得かなぁ。何故かというと、先日NHKのお城解説番組で名古屋城天守閣が他の城の天守閣よりも大きいという事を言っていたのですが、それを聞いて合点がいったのですよね。国宝の姫路城の白い天守閣とか、大阪城の黒瓦の天守閣を見ても、綺麗だな、とかは思うのですがいまいち迫力に欠けるのです。姫路城はともかく大阪城の規模は名古屋城よりも大きいと聞いているので、違和感があったのですが、どうも西国の大名が江戸に向かう時の第一関門みたいに立ちはだかるように名古屋城天守閣を築いたようで、だから他の城の天守閣に比べると大きく迫力があるのだと。

 子供のころから見ているので城の天守閣とはこういうものだと思っていたのですが、なんで他の天守閣を見ると物足りなく思うのか初めて納得しました。あとね、屋根瓦が銅なので酸化していき、綺麗なエメラルドグリーンの酸化銅になっている、というのも大人になってから知りましたね。自分はグリーン系統の色が好きなので、名古屋城の瓦が美しいエメラルドグリーンというのは嬉しかったですねぇ。写生していても楽しかった。名古屋城天守閣が美しかったから、歴史に興味を持ったのかも知れません。

 ところで大正年間・・・ワシントン軍縮会議は1922年なんですな。大正五年って・・・ええっと1916年ですか。第一次大戦中ですね。だからまだ軍人さんが見下されていないのですな。なんか軍縮会議後は軍人、兵隊家業の方々は、社会人としては見下される風潮になってしまい(たぶん首切り対象の将来性のない職業と判断された)、その鬱憤が昭和期のテロリズムに繋がる向きもあるらしいです。

 まだ穏やかなご時世だったんだなぁ、作中は。

 あ、そういう軍部の不満を書いて、次の本の感想に・・・と思ったけど、文章が埋まったので明日にします。覚えていたら(あ

六月はなんか

 先週までは割とバタバタしていたのですがねぇ。今週からなんか、暇な空気が流れてきましたナ。それをいい事に日記を書いてしまうですよ。

 

  画業四十年だそうで、おめでたうござります・・・こういう言葉使いも、わかつきさんの影響だったな、あっしは。

 高校時代に読んでいた、わかつきさん最長編の漫画(いうて全五巻)『So What?』が大変好きでして、妹が購入していた『LaLa』という月刊誌で、これを楽しみに読んでいましたね。高校一年生の時の、たぶん隣の席の女子も『LaLa』を読んでいましたが、彼女は『So What?』が「一番つまんない」と言っていて、ちょっとショックを受けましたね。別に好きでもなんでもない子でしたが、確か彼女は『Cipher』が好きだったかと。イケメン双子モデルが交代でお互いを演じているって漫画でしたね。まぁ少女どストライクでしたが、自分は双子それぞれが抱える苦悩とか悲運とかが割と好みでした。妹から単行本引き取ったな。

 あ、いけん。『So What?』の話でした。少し不思議という意味のSFで(と自分は解釈している)あんまり自己表現せず、昼寝ばかりしている主人公の阿梨が好きでしたね。決して優等生ではないのに勉強ができる。好きだから、というキャラ造形が今まで出会った事がありませんでした。秀才は優等生と決まっていましたから。自分もですね、好きな教科は成績が良かった口でして、好きではない教科はボロボロでした。そして今も好きな歴史やら物語やらは書痴だよな、いや一歩手前か?というぐらいに読んでいます。こうやって日々の日記ネタになるぐらいだし。

 わかつきさんの音楽紹介みたいな、雑誌掲載時には広告が入っていた枠にエッセイみたいなコメントが当時の白泉社のコミックスにはありまして(今はどうなんだろ。気にしていない)、それが当時の自分の聞く音楽に繋がっていました。ZABADAK(上野洋子さん在籍時代)やムーンライダース(マニア過ぎて周りで知っている人を見た事がない。エヴァのキャラデザをしてみえる貞本さんとか、アーティストで好きな人がいるのは知っている)を教えてくれたのは、わかつきさんでしたし。

 心温まる系の漫画が自分のチョイスに入っているのは、たぶん、その影響なんでしょうね。扉絵で阿梨が「にへ」って微笑むんだから何だか微妙な笑顔が好きでしたねぇ。

 そんなわかつきさんの画業を振り返りつつ、新作漫画も入った本でした。

 そして個人的にわかつきさん系譜に繋がっている気がする方。

 

  『うる星やつら』と、わかつきさんテイストを足して二で割ったような感じかな。可愛い中に毒が仕込まれている気がしていて、同人誌も購入していました。小さな薄い本なので、どこにいったか解らんものも。こうやって冊子にまとめられるなんて、ああ、コミック・ビーム系の編集さんはスバラシイ。ナンセンスな笑いが得られますので、肩の力を抜きながら悪意も感じたいという贅沢な方は、どうぞ。

今日は朝から時間がある

 仕事量が偏らないで欲しいと思うけれども、こればっかりは仕方ない。時間がある時に書いてしまえ、という事で。

 

  個人的に保健体育の副教材にしてしまえ、とか思っている漫画です。今回はSNSとHPVワクチンのこと。両方とも思春期だから、というより大人も気をつけなきゃいけない話題ですよね。SNSって攻撃的な文言を使用すると人の耳目を引くよな、って自分のtweet経験からも感じるので、それが自分なんかは気持ち〇いので、なるべく穏当な文言を使うようにしています。画像とかも地顔を載っける事はしないし、人様の画像も載せないように心がけています。自分もSNSって公的な空間で、いくらでも攻撃的な他者が叩いてくるし、叩いている本人は悪い事をしているという自覚がない、まるで『地獄』のような空間。あ、ちょっと怖くなってきた。まぁ丁寧な文言で、冷静に対応しましょう、と。過激な文言を使っている人は頭に血が上っているから、近づかないでおこうと。

 漫画の中ではダンスの画像をアップしていた女の子が、過激なアングル要望に応えたら(相手を同世代の女の子だと思っていた)、わいせつな画像を送り付けられてショックを受けた、という過激な話でしたが。

 HPVワクチンに関しては、過去に、たぶん子宮頚がんが原因だと思うけれど、子宮を撤去してしまった女性と付き合った事があって、それでも子供が欲しいって言っていたから、自分も少し体外受精代理出産について調べた事がありました。趣味が違うからってふられましたが(あ)。そんな思い出があるので他人事よりも少し身近な話題です。最近は小学生から中学生の女子希望者には無料でワクチン接種しているみたいですね。自分の子供の頃は有無を言わせずでしたが、ワクチン障害というのか薬害というのか、体質に合わなくて体調を崩したり、障害を負ったり、命を落とした人が話題になったので、体質確認をしてからの接種になっていますね。今の新型コロナワクチンも問診の結果次第ですか。

 こういう知識が広く共有される社会が『先進社会』なんだろうなぁ、と思ったりしたり。

 

 読んで思い出したけど、シャルルマーニュ時代、つまり八世紀のヨーロッパでは大麦一粒撒いたら収穫は二粒なんですよね・・・古代シュメルは七十粒ですよ。土壌、気候的な問題はあるとしても、数千年違いでこれほどとは!!この生産力が現イラク南部地域という限られた領域なのに、古代文明を発生させた原動力なんですかね。

 ただその生産力が灌漑によるもので、それが塩害とか、灌漑施設の破壊とかで機能しなくなると、国外勢力に征服され、そして埋没していってしまうのですが。それでもアケメネス朝ペルシアに飲み込まれるまでは征服されたり、復興したりを繰り返しているのですけれども。

 そんなシュメル=バビロニアアッシリアの歴史の概説でした。入門書ですね。