pomtaの日記

だいたい読書感想か映画感想です。たぶん。

範囲が広くない?

 読み通して我に返りましたが、記述範囲が西は尾張、美濃、伊勢、越前で東は北海道渡島半島までって、広すぎるよなぁ、と。戦国期の東日本って日本列島の半分ぢゃん。

 

 次巻の『毛利領国の拡大と尼子・大友氏』と比べると一目瞭然で、1.5倍ぐらいの厚みがありますよ。まぁ戦国期関東と東海地方は、この時代を代表する勢力がひしめき合っているし、戦国期関東は北条家が南関東の覇権を握るまで複雑怪奇な離合集散が繰り返されるし、今川家は戦国大名の基本形みたいなとこだし、準備段階の織田家やら、その存立に大きくかかわる美濃情勢とか、まぁ書く事、多い多い。

 興味深かったのは長尾景虎は兄晴景から譲られたのではなく、権力闘争を勝ち抜いて当主の座を奪い取ったという解釈。一色義龍が父道三を倒したのは外交的に孤立した政策が原因。織田信秀は『織田一族一揆』の指導者であったとか、そんなところですかね。武田や北条、今川についてはだいたい知っている感じでしたが。

 あ、上杉謙信に関して、も一つ。関東管領になった後の古河公方への関心の薄さが酷い。なーんか称号だけもらえれば後は用がないって感じで、関東への出兵も自らの『関東管領』『山内上杉家当主』の面子を保つことが第一って感じ。越後守護代家出身で、越後国主として認められる大義名分がなかったから、そうと認められる努力の一つに過ぎない印象すら受けるかなぁ。甥とはいえ足利義氏を傀儡に等しいとはいえども推戴し続ける北条氏康の方がマシに見えるのは、北条びいきだからですかね。北条からすると自らの存立に直結するからかな。『他国の凶徒』という誹りを払拭する為に『関東の主』という建前の古河公方家と姻戚関係になって事実上の関東管領を名乗るのは不可欠ですもんねー。それに比べると三国峠の北側の謙信にとって権威は欲しいが、そこまで一生懸命という訳でもないように見える・・・個人の印象ですけれども。越後制圧がやっぱり第一であり、その為の権威ですもんねぇ。もしも上杉憲政の要請を断っていたらどうなっていたか・・・それはないか。頼ってきた者を無下にするのは面子に関わるし、やってしまったらやっぱりこいつは頼りにならねーって評価になって越後の混乱収拾なんて遠ざかってしまうもんなぁ。

 あと、最近の研究者は『戦国大名』という定義も人によって異なる用語を使わない人が増えてきたようです。そういえばこのシリーズでも、そんなに使われていないような気がする。○○家という言い方はするけれどもステレオタイプとしての『戦国大名』という言葉は使う頻度が減っている気がします。

 何が『戦国大名』なのか、改めて定義すべき時期なのでしょうねぇ。

全編フィクションでしたね・・・

 昨夜の『ど家』・・・『どうする家康』はフィクションでしたね。紫禁城もどきの清須城も、今日では否定された清須城での信長、家康面談による同盟締結も、氏真が築山殿を妾にしようとした事も。清州城下を見下ろせる山というか、丘すらないもんな。劇団新感線ぽいって話を聞いて、ああ、それだわ。って思ったし。

 やぽを承知で言うならば、清須に行った時点で家康君は信長に従属する立場を認めている事になり、どういう対応をしようと対等にはなりえない。家臣のアドバイスは全て無駄です。対等な同盟ならば、道三、信長の会見のように、国境付近で第三者の施設、寺とかが多いですけれども、それこそ水野信元の城でもいい訳で、劇中ではあれだけどこの時期は水野家も従属ではない筈なので刈谷城でもいい。そこでお互いの取次担当家臣が会合して話をつければ成立する話なのですが、まぁそれだと『華』はないですよねー。

 あと氏真君が築山殿を妾にする話。あれやったら氏真君はオワコンですね。他家に嫁いだとはいえ、自身と同等身分と認めた一門の娘を別妻ではなく臣下の妾扱いですもん。父親を始め一門衆全てが氏真に『舐められた』と判断されてもおかしくない。当時の武士は面子を潰された事をもっとも屈辱と感じ武力行使に踏み切りますから、昨夜の話を実際にやったら氏真君は武田、徳川に挟撃されるより前に、駿河の反乱でこの世とグッバイしそうです。

 『ど家』は劇団新感線的な作品なので、ファンタジー色が色濃い時代劇として見ればいいんだな、と納得した回でした。

さて、土曜日はシノビガミのセッションにオフで参加しました。そこであるプレイヤーさんが「ビガミユーザーは自己犠牲に走り勝ち」というような事をおっしゃって、ああ、納得、みたいなセッションでしたね。誰も彼も「アタクシが!!」「アタイが!!」「オレが!!」って自らを犠牲にして他のPCを助けたがるという・・・裏のHOにそう書いてあるんだから仕方ないけど、そういう秘密を持っている人ほど目をキラキラさせるんだよねー。ま、自分もですが(え

 んでねー、「自分に任せれば全て助かる!!」と主張する方の行動が、あまりにも物騒だったから(非協力的だったから)、少しひどい目にあってもらって(え?)、んで自分、自覚がない方が旨い噓がつける人なので、自分の裏HO、概略は知っていたけど本当のところはコロッと忘れていたおかげで、皆、信じてくれましたよ。いやぁ、自分史上、一番しれっと嘘ついていたなぁ。こうやればいいんだ(良くない

 おかげで自分以外の仲間は救われ、自分はこの世とグッバイしましたが、なんか爽快でしたね!!(オイ

 んでありがちなのが、生き残った人の中で一番メンタル柔らかい人が精神ダメージを受けてしまうという・・・その悶え苦しむ様を愛でるまでがシノビガミ(あるいはインセイン)です(大嘘

 いやぁ、美しいセッションでしたねー(個人の感想です

 ほっこり・・・

読んでいる本はあるんですよ?

 読み終わっていないだけです。つまりネタがない。なので先日読んだ黒田基樹さんの、お市の方の評伝から、最近黒田さんが研究、考察を進めてみえる『家妻』について書いてみたり。

 『家妻』とは戦国期の大名、国衆の家長と対になる存在で、だいたい当主の正妻、不在の場合は当主母(あるいは義母)が務める傾向があります。役割は主にプライベート、内向きの事柄を統率する感じになります。具体的には婚姻や出産を当主とともに判断、決定し、そのプライベートな人脈を駆使しての交渉、情報収集って印象を持ちました。また当主が幼少、病弱である場合、その代理を務める事もあります。代表的なのが『女戦国大名』とも言われる今川氏親後家である寿桂尼で子息氏輝が幼少で病身の間、代わりに今川家の命令を承認していました。ただし能動的に行動するという事例は今のところないです(具体的には外交交渉を主導したり、戦争を仕掛けたり、という事はしていません)

 なので夫、あるいは子息である戦国大名あるいは国衆当主が自らの家族を一方的にどうこうできる事はありませんでした。必ず最低でも家妻と話し合い合意に達しなければ、少なくとも内向きのプライベートな事を決定する事はなかったようです。といってもプライベートな内容は一次資料では残りにくいので、事例が少ないのですけれども。

 しかしそう考えると女好きの秀吉に実子が少ない、という事実に腑に落ちる点があります。黒田さんのおっしゃる通り、羽柴秀吉家は家妻であるお禰(寧々って前回書いちゃったけど、お禰の方が正しいはず)の意向、また状況により、織田信長血縁者を後継者として選択する事を選んでいるようです。

 秀吉は周知のとおり、母は判明していても父親は不明の、つまり氏素性定かでない出身です。彼が武家になる為には武家出身者であるお禰との結婚が絶対条件であり、彼女の意向は無視できない。彼女との間に実子を儲けられないと判断した時点で羽柴家は後継者として信長の子息の一人である秀勝を迎えています。大名クラスの領地を持つ、織田家宿老となった羽柴家後継者に織田信長子息を迎える事は、羽柴家が織田一門衆に連なり、その家格を上昇させる必須条件とも言え、彼が夭折した後、早々に信長姪である茶々に求婚しているのは、彼女が織田家の血を引き、彼女の母親が信長生母の養女扱いになり、つまり織田家嫡流に属する女性だからだ、という事です。そして秀吉は彼女以外の女性から公式には子をなしていない。これが正妻お禰との取り決めに従い、織田家一門の地位を維持する事が大前提だからだ、という事だと。

 ちなみに秀吉別妻の顔ぶれって、その多くは名家、旧守護家、あるいは前田利家娘みたいな元同輩の娘みたいな人なんですけれども、これって政治的な、つまり婚姻関係を結ぶ為のものではないかと思うのですよ。京極氏娘は彼が北近江の旧浅井領を治めた事と無関係ではないし(京極家は浅井家の主筋)、山名豊国娘も山陰諸国の守護を務めた山名氏の権威をまとう為ぢゃないかと。別妻は江戸時代の側室と異なり、順位の低い妻で正式な結婚関係で、妾とは異なるそうです。こっちは私的な関係で多くは臣下。子供を産んで、その子が当主に選ばれない限りは主従関係に近い感じ。

 戦国時代にこういう家妻の統制のもとに当主の子女を生んでいたのは、まず正妻の子が跡継ぎある事、これを揺るがすと継承戦争を起こしてしまうので、これを防ぐ意味合いがあるのでしょう。ただでさえ争論、戦乱の絶えない時代に、これ以上争乱を起こさない為に火種を減らす意味で正妻の子とそれ以外を峻別し、正妻の許可なく他の女性との間に子をつくる事は許されない事になっている、と。もしつくっても認知されない子になる(家康次男の秀康は、正妻築山殿が認めた女性以外の子であったので認知できなかったらしい)

 しかし時代の要求として当主の子女は多ければ多い方が良い。男子は後継者夭折のスペアであり、後継者が無事成長した場合は、その藩屏として有事には当主代理の指揮官として、もう一人の当主的な働きができる存在として期待される。女の子は婚姻関係を結び、家臣相手ならば一門として優遇する、他家ならば同盟関係を結ぶ事ができる、と。個人の意志よりも、まず生き延びる事を最優先された時代において、その為の方策は多い方がいい。体力的に子を産むことが難しくなった場合、正妻は自身が選んだ家臣の女性に当主の身の回りの世話をさせ、その子を自身の養子とする事で嫡流格を与えたり、そうでない場合でも出家させ宗教界、公家の人脈を築き家の外交に活用する事ができる。人間が生産、仕事、手段としていくらでも使いでのある時代です。子供はいくらあっても困らない。幼少期に亡くなる比率が現代に比べれば驚くほど高い時代ですから、その事を考えても、当主が元気ならば種馬になれっ!!って発想も間違いではない、という感じなんですかね。

 素人なりにそんな事を妄想したりしてみました・・・こういう事を書き出すと、いつもの倍の分量になってしまうんだなぁ・・・

ええ、高をくくってました

 最近の運送会社は長距離運送をJR貨物で運ぶので、1/24の雪でダイヤが乱れまくっている貨物便が今日届く確約はないと思っていたら、荷物が一つ届きました。いい機会だから運転手さんに聞いたけど、1/25発送の荷物が明日届くかどうかは、やはり確約できない、との事。運が良ければ着荷するって感じですかねー。でも1/24メーカー発送の荷物が二日後の今日届いたのだから、可能性はあるのかしらん?

 さて、読み終えた本はないし、見たドラマはNHKの正月ドラマで(もう幕の内はとっくに過ぎている)、それなりに面白かったけど、まぁこんな感じかなぁってとこで(主人公の一家がとばっちりで皆殺しされてしまったのが可愛そうで、オチも爽快感一歩手前で、展開的には好みで良いですが、手放しで誉めるとか、そういうのとは違うかな、と思いまして)

 なので思いつくままに書く・・・いつもと同じですね、はい。

 この冬、何故か我慢大会みたいな事を自室でやっています。つまり暖房を入れない。昨日今日の氷点下でも自室には暖房を入れてないです。なんかね、節電って言われていたので、んぢゃあ意地でも暖房使わね、って変なところで頑張っています。あ、居間とか食事室とか父親がいるところでは暖房が入っているので、家の中が冷蔵庫状態ではないです。が、うちの父親も変な事をするので・・・日中、居間で暖房をかけていても扉開放はおろか、窓を開けている部分もあるので、微妙に寒い環境である事には変わらない。

 意地は張っても、無理なら即暖房入れよう、とは思っているのですが、不思議と自室に暖房を入れる事態にはなっていません・・・耐えられるものだな、と。まぁ足の指先とかは冷えてしまうのですが、胡坐とかかいて足の間に入れれば、多少大丈夫な感じ。暖房を入れないと居眠りとかしないから、床での寝入りが良くなります(当社比

 あとは寝る前に水飲まなければ、夜中にトイレに行くことも少なくなるわいと昨夜気が付き(映画やドラマ見る時、白湯とか飲んでいたので、就寝中にトイレへ度々行っていた)、昨夜はトイレには行きませんでしたね。その分質のいい眠りになっている・・・はず?

  子供の頃は、この冬みたいに最低気温がマイナスになる事が基本みたいな感じで、夏は三十℃から三十五℃が最高気温で、ここ最近よりも気温が若干低かったような気がします。その頃は冬よりも夏が好きでした。比較的活動的な時期だったからかも。生誕半世紀祭前後は、つまり最近は冬の方がいいですね。夏は空調を適切に管理できず寝入りが悪いけれども、冬は時間の経過とともに自分の体温でお布団の中が温まりますからね。食事も暖かいうちに食べるなら冬の方がいいなぁ・・・好きな季節が冬になるというのは、どういう意味なんでしょうかね(意味はないかも

路面は凍結しなかったけれども

 近年の名古屋は温暖化の影響で最低気温がマイナスになる事が稀なのですが、今朝はマイナス三度、ところによってはマイナス四度にもなろうかという寒さになりました。降雪は幸い、昨夕で終わり、積雪も少なく、路面凍結もなかったようです・・・少なくとも自分が通った車道は。歩道は解りませんけれども。予報では今日午前中はまだ降雪の可能性があるそうなので、油断できませんけれども。

 子供頃は積雪で遊ぶのが楽しかったのですけれども、大人になると交通の便が、と心配する事の方が多いのは、関心がある方面が変わったからなんでしょうねぇ。子供はそこまで考えないし、大人も雪で遊ぶ事を考える人は・・・いない事はないけれども少ないよなぁ。って書いていたら風花が待っておりますがな。やーめーてー。

 さて、まったく関係ありませんが読み終わったもの。

 

 物語では良く取り上げられる織田信秀娘、信長妹のお市の方ですが、編纂物による記述が多いけれども一次資料が残っていないという存在で、本格的な評伝は本書が初めてだそうです。まぁそうか。というか織田家の家族関係の研究が脆弱で、未だに系図類を鵜呑みにするしかなく信秀娘の生年順も良く解っていないという・・・まぁ本書では一応末女であると推定していますがね。

 結婚のタイミングも美濃一色家(斎藤家という呼称は尾張織田家側からの呼び方で、実際は家格上昇を正式に将軍足利義輝により認められているので)に対する遠交近攻同盟と思っといたのですが、浅井家が織田家と同盟を結んだのは隣国美濃を織田家が領有してからだそうで、お市浅井長政の結婚も織田家美濃領有後だそうです。

 また浅井家は北近江の京極家を主家と推戴しながら、実力的には南近江六角家に従属し、そこから自立を図るも単独では達成できず、結局越前朝倉家に従属していたという、つまり戦国大名というよりも国衆と表現すべき存在だと。

 これなら越前朝倉家を織田信長を中心とする連合軍が攻めようとした時、信長を裏切るのも納得です。婚姻関係のある同盟といっても浅井家は織田家に比べると規模が小さく、信長も朝倉、織田と両属状態であると認識していたのでしょう。んで妹婿なんだから従って当然だよな?と思っていたから浅井家が朝倉家に味方する事を選択した事にうろたえた訳で、これは信長の認識不足ですかね。

 しかし結局朝倉家き滅亡し浅井家も滅ぼされますが、お市は長政と運命を共にする事を望んだようです。これは愛情からというより嫁いだからには婚家に殉じる事が名誉を守る事、と考えていたからのようです。これは長政とともに死ねなかった事を「口惜しい」とお市の方が考えていたという目撃証言からきています。戦国大名(国衆)の婚姻で離婚という事例は非常に少なく(ほぼない)実家と婚家が戦争状態になっても婚家に留まります。これは戦争も外交の延長線上であり、交渉窓口を確保する為に必要であったともいいます。正妻の近辺には実家出身の家臣が必ずいますからね。水面下の和睦交渉を打診するには打ってつけです。このあたり、宣戦布告すると大使を引き上げさせたり、追放したりする近代国家よりもよほど交渉チャンネルを重視していると思うナ。近代国家は戦争を殲滅戦という、より凄惨なものにしてしまうような気がする。

 本能寺の変後、彼女が柴田勝家と再婚したのは、織田政権の主導権争いとか、恋のさや当てとかではなく、清須会議に参加した四宿老で織田家と姻族でなかったのは柴田勝家だけだったので(秀吉の養嗣子は信長息子。丹羽長秀息子は信長の婿、池田恒興は信長乳母子で乳兄弟)バランスをとる為に秀吉も了承した結婚でした。まぁ物語的には面白い展開ではないですわな。

 となると柴田家滅亡に殉じたのも、今度こそ婚家と運命を共にする、という決意を全うしたと言えます・・・娘たちの運命よりも自身の名誉を選択するところが凄い。でもまぁ、織田信長養女の資格で浅井長政に嫁いだとも、信長母の養女になったとも言われる彼女は織田家嫡流に属するとみなされ、三姉妹も浅井家娘というよりも織田家嫡流に属する娘と認識すれば、主家織田家を尊重しなければならない秀吉が粗雑に扱う事はないだろうと。

 また秀吉の羽柴家内の認識として、正妻寧々に子がない以上、嫡子は織田嫡流家出身、もしくはその血を引くものでなければならないと秀吉、寧々夫婦で合意していたようです。信長息子である養嗣子秀勝が亡くなった後、比較的早い段階で秀吉は長女茶々に結婚を申し込んでおり、茶々も妹たちの結婚を手配する事を条件に承諾しています。実家も実母も亡くなった浅井三姉妹が世俗で生きていく道は、なるべく大身の武家(公家でも)嫁ぐ事でしかありえなかったので。

 最初に結婚した二女初は身内婚と言える京極高次(従弟関係)と、三女江は天下人路線を走り始めた秀吉身内との結婚が決まります。徳川秀忠との再婚も、秀吉義弟である家康の嫡子、という事で秀吉の義理の甥との結婚ですもんね。

 ちなみにお市は同時代情報として『美人』と認識されていたそうです。亡くなる前に三姉妹を送り出す為に北庄城『三の間』まで出てきたお市は十二歳ほど若く見えたといいます。夜だったらしいので松明灯りによる補正もあるでしょうが、なんとなーく、今度こそ自分の思い通りに人生を決定したわ、という晴れ晴れとした気持ちが、そう見せたように思えてなりませんねー。

 激しい女性だわ・・・

 あ、いつもの倍の分量を書いてしまいましたね・・・

日記の事、忘れてた

 いや、別に仕事が忙しいとか、まぁお客さんに価格が上がった事を知らせなきゃ、っていうのがあったのは確かですし、面倒くさい刺繍取りをしなきゃってのもありましたが、まぁ思い出して何よりです。

 んで何年か越しで入手できたので、それから。

 

 これだけかつて偽物をつかまされましてね、それ以来密林の事は信じていないのですが、今回入手できたのは密林が教えてくれたからなので・・・まぁ無防備に信じるのはやめないといけませんね。

 久しぶりに『蟲師』という作品に触れて、ああ、こういう人のことわりと、それ以外のもののそれがぶつかり合う作品だったよなぁ、と。ギリギリを攻めてくる『日本昔話』って感じが好きだったんだよなぁ、と。最終の、特別編と題され原作漫画でも最終エピソードの話で光脈筋の人ならざる者たちの愚痴というか何というか「人に関わるとややこしくなる」って呟きがねー、最近読んだ『虚構推理』にも近しいものがありましたねー。そっちは人にして人ならざる者たちの『知恵の神』になってしまった人が、秩序を守るのに人の事情を軽んじる発言をしているところで、なんとなーく感じたのですが。

 こういう不思議で得体のしれない世界を垣間見る作品は、少年漫画的解決ではない結末があって、それがそうとして好きなんですよねー。いやぁ、もう諦めて忘れかけていたけれど、こういう風に巡り会える事もあるんですねー。

 

 時間つぶしで入った書店で何気なく見つけてしまい、購入しました。故小林泰三さんの亡くなった後に発刊されたもの、かな?ホラージャンルは好みではないのですが、SF脱出物と裏書に書いてあったので購入して見ました。ホラー要素はグロテスクなクリーチャーが登場するぐらい?まぁ結末に、「あ、そうなりましたか」って言う描写がありましたが特に確言されている訳ではないので読み手の受け取り方次第だし、それも未来への選択なのか、全面戦争なのか、まぁそんなとこです(読まないと判らない。

 表紙絵で騙されましたが主人公は百歳越えています。そして魔法と変わらない科学力で生きており、なんか投与される薬物次第では老いも若返りも可能みたいな時代らしいです。AIの超発展と機能の為に人間の姿を放棄した人類が多数派の時代、オリジナルの姿を保った人類は希少種で、それが『絶滅危惧種』よろしく管理されていると。それが百歳越えた姿で定期的に記憶を奪う形でされているという、まぁディストピアですね(こう書くと〇護〇人〇ームがディストピアに似ているような気がするのは、きっと気のせいだろう・・・か?

 安楽に暮らす事を望む人には快適な環境ですけれども、自由に行動できない事への不満を抱く人はいる訳で、そこからシステムに挑戦する人と、それさえも快適な環境で人を存続させるストレス解消手段にするシステム側の、全てを知ったら百年以上の攻防があったという・・・なるほど。

 結構踏み込んで書いてしまいましたが、面白かったです。改めて小林さんというクリエーターを失った事が残念でなりません。『アリス殺し』のシリーズ、続編、完結編が読みたかったなぁ・・・

善人吉良さん

 いや、昨夜の『どうする家康』見ていたら、そんな感想が頭に浮かびました。演じていらっしゃる俳優さんを見て、きっとイヤな人物像で描かれるんだろうなぁ、と思ったら最後までいい人で、そっかこのドラマの家康は『泣き虫、弱虫、いくじなし』だから裏切りも後味の悪い演出をするんだなぁ、と。しかし吉良と言う配役で、こんなに『いい人』『可哀そうな人』演出な人っていたかなぁ。だいたい『忠臣蔵』の吉良上野介のイメージで憎々しい悪役とか、情けない悪役とか、切ない悪役とか、そんな感じ。あ、大河ドラマ太平記』にちょろりと足利高氏に決断を促す、足利一門の長老的な存在で吉良さんが登場したけれど、あれはほんとにちょろりとですからなぁ。今回は三シーン。いい人だけど話聞かない。頼りない人でしたね。そして退場シーンは「何故ぢゃ松平殿・・・」と嘆くながらの、はい、家康君には後味の悪ーい演出。

 あとは今回初登場の『賭け事師』気取りな水野信元。この人、後々武田側への内通を疑われて信長に処断、改易されてしまうけれども、彼の指嗾によって築山殿と信康は武田と通じる、みたいな事になるのかな。そんな伏線のように見えました。そして今回のドラマのリリー・フランキーさんは良いリリー・フランキーさん(おい

 いや、以前見た映画で悪役演じていらしたのが大変印象深くてネ。

 そして読み終わったものは、片づけたい一心から。

 

 いや、周りを整理しようとすると、この本の感想を書いてしまわないとあかんなぁ、と。足利義晴期から信長上洛前夜までと言うべき期間を詳述しています。書いていらっしゃる方が現在のところ三好氏研究の第一人者で三好長慶への評価が高く、相対的に足利義輝を「歴代足利将軍中、最も義務を果たさなかった人」と評価していてる感じですかね。将軍権威を保つため、和睦工作を行うけれども定見のなさと現地事情を知らない為に混乱や迷惑を振りまく事も、と評していますね。

 あとは無関係に見えても遠隔地の紛争が、結構中央と連動しており、特に三好氏がどちら側を支援するか、というのが結構大きな影響を持っていたり、後年の信長政権期と相通ずるところがあって興味深い。

 それから畿内の混乱は足利将軍家の分裂と、細川京兆家家督争い、そして両畠山家の争いが絡んでいるのですが、その隙間を埋めるように相対的に安定していた六角定頼が後年の三好長慶織田信長の役割を果たしていて、『天下人』役割の雛形は六角定頼から始まるのかなぁ、と思ったりしました。

 そんな感じ。