pomtaの日記

だいたい読書感想か映画感想です。たぶん。

六月で真夏の日和

 今朝七時の段階で気温三十度前後になっていたみたいです。公式ではなく自分の近辺の話なので、ほぼ体感。冷房が入ったら眠れない、なんて話はいつの話だったか。帰宅したら温室状態ですよ!!就寝時に冷房入れないと、眠れるか!!ああ、人間はなんて我儘な存在なのでせう・・・まぁ生ものな存在ですからナ(どうなんだ

 昨夜ぐらいから『鎌倉殿の13人』前半二十五話分を順繰りに見てやろうと思っていたのですが、睡魔襲来に屈服しました。連続睡眠時間が六時間未満になりがちなので、こういう細切れな睡眠で補わないとアカンと体の奴が申しておりまして、はい。

 あと、真夏の晩酌に冷え冷えの麦酒一杯は必須ですよね・・・ね?(異議は認めない

 いやスパークリングワイン・・・発泡葡萄酒・・・でもいいのですけれども、ほら、そっちにするとボトル一本空けるの義務ぢゃないですか。それに自分が好きな、辛口の赤い発泡葡萄酒ってあんまりない。一時期缶でまとめ買いしていましたけれども・・・あ、まとめ買いすればいいんだ(何か天啓を受けたらしい

 知っている路面の酒屋さんでは白の辛口発泡葡萄酒はあるのですけれども、赤はあんまり見た事ない。飲食店でも赤の発泡葡萄酒は甘口が多い感じ。冷やしているからしまっていて辛口に感じるのですけれども、好みという訳ではなく、自分が知る限りサイゼリヤランブルスコセッシ(だったかな)ぐらいしか知らない。これだけでも自分、サイゼリヤに入り浸る理由になるよな。

 一応『図説戦国里見氏』という、大変気になる一冊を購入済みなのですが、好奇心で買った館ものミステリーを読み終えていないので、まだ読み始めていません。読んでいる本はあるのですが、なんか感想を書く気になれない・・・好みではなかった、という小説が多かったので、ここに書くネタがない状態です。あとは再読とかね。『本能寺前夜』という毛利氏視点からの畿内勢力、織田権力との関わりを描いている本は、大変面白いです。織田信長もそうだけど、短時間で急激に勢力を伸張させた毛利氏はシステムが大名権力強化まで至らず、どこまでも国人領主連合体であり、彼らの利害を無視して自らの権力を強化できないジレンマが存在しています。

 外交、調略で優位に立った時でも、自らの親族でもある国人領主に謀反の兆しがあり、制圧できましたが織田権力への攻勢を維持できませんでした。それが最前線で戦う国人領主の疑惑を生み、新たな裏切りを誘発されるという・・・織田信長が毛利氏を始めとする敵対勢力との戦いを勝ち抜く事ができたのは、自らの権力の核となる組織が国人領主たちよりも強かったから、かも知れません。そういえば武田家、北条家もそんな感じ。今川家は桶狭間の戦いで中核戦力が大打撃を受けたから国人領主たちの離反を招いたとも言えるし。

 あ、そんな感想でいいですか?すみません・・・

コリアンダーの気配は・・・

 昨夜、コリアンダーましましのスパイスカレーをこさえましたが・・・よく判らんかった。ましましはカルダモンシードもだったのですが、こっちの方は良く解りました。カルダモンの香りが好きだからかも知れない。そんなカレーを白葡萄酒とともにいただきながら、見たのがこちら。

 

 自分的にはSWシリーズよりも断然好みでした!!原作知っているけれども主人公側の正義が強調される事なく、大領家(作中の星間帝国内に複数いる有力貴族家)の政争の面が結構強調されている感じ。乱戦ではなく戦列を組んで戦い、挟み撃ちで敗れていく戦術描写とかも好みでした。

 そういえばサンドワームのイメージって、その後様々なSF作品に影響を与えたんだよなぁ、とか思いながら、その圧倒的存在感に打ち震えたり。

 主人公と母親が持つ、教団の能力もあんまり詳しい説明とかなく、こういうもんなんだ、って描写で教えているのも好ましかったナ。

 シールドの描写というか、冒頭で主人公が撃剣の訓練を受けている時に、どういう攻撃を受け止めて、どういう攻撃に無力なのかの描写説明があり、だから兵士が倒れていく描写にも説得力があったし、船が撃破されるさまもよかった。

 とにかく映像美と音楽が素晴らしく、今回は敗退し、滅亡の危機に瀕しているアトレイア家の運命を表すように、とにかく陰鬱で絶望的な雰囲気、微かな希望も不安の方が大きいという感じ。でも自分が原作小説で好きなのって、このパート1で表現されているところなんですよねー。

 興行収益がアカンかったら続編つくられないって言う契約だったらしいけれども、もう表題でパート1って書いてあるやん!!って突っ込んでいました。次回は何年後なんですかねぇ。楽しみですねぇ。

 あとは脈絡なく読み終えたもの。

 

 意外な事に平氏独裁は一年ぐらいしかなく、その一年で既得権益者、ほぼ全てを敵に回したから反乱が起こったとも言えますね。

 あとは、源義経が京の人間にとっては救世主といっても過言ない人物であったということ。反乱勃発で年貢やら貢納物が運ばれてこない京は、天災も手伝って飢餓状態。治安は悪化するばかり。平氏としては治安維持よりも年貢やら貢納物確保が優先され、その為に反乱鎮圧が最優先事項ですけれども、木曽義仲に敗退し都落ち。入れ替わり入京した義仲軍は寄せ集めの軍勢なので統率が取れず、兵糧確保の為に略奪が横行する。その義仲を破ってやってきた源頼朝が派遣した軍勢は、彼らに比べると統率が取れており、そして平氏討伐の総大将は兄範頼であり、義経は京の治安維持、畿内に残った平氏家人の反乱鎮圧と、目に見える形で京の為に働いてくれた訳で、源頼朝の代官であるという前提なんて関係なしに義経を優遇したが為に、統率を重んじる頼朝から憎まれ、敗北してしまうという・・・やるせないですねー。

 自分たちの為に働いてくれた義経を殺したも同然の頼朝にヘイトが向けられるのも当たり前で、早い段階で義経伝説ができあがるのも無理はないという。そんな話が読めました。

疲れていると冷房は関係ない

 昨夜は冷房が入っていても寝入る事ができました。日曜日の寝入りの悪さは昼寝をしていたからですね。なーんて単純なこと・・・いやでも昨日は結構アレだったんだけど。睡眠、大事。

 予定では明日、父親が飲みに行く筈でしたが今夜に前倒しになりましたので、はい、今夜酒飲みながら長編映画を見ます。昨年公開された『DUEN』だったかな。砂の惑星を見るですよ。自分が十代の時に一度映画化されて、けっちょんけちょんに非難された奴。今回は評価が高いみたいなので、楽しみです。とはいえ、原作は1960年代に出た、いわゆる古典SFですからね。一昨年だったかな?新訳が出たのを機に購入して読んだのですよ、文庫三分冊。

 SFというよりも古代文明の闘争劇みたいに感じたかな。スピリチュアルな方面が強いからそう感じたのかも。陰謀も血統というか、サラブレッドの掛け合わせ子つくりみたいな側面が出てきたりと、『マーダーボット・ダイアリー』の世界観とかが肌に合っていると古色蒼然としているのは否めない。

 しかし長く読み継がれているという事は、好きな人々が数多くいるという事で(ジャンルは異なれど、自分も昔の作品名で反応してしまうというのは、まぁあったりしますよ、はい)、以前の作品に納得できなかった熱心なファンが今回は映像化に関わったので、楽しみにはしていました、はい。

 酒の肴はスパイスカレーにするのですが(ほうれん草パウダー消費も含めて)、よーつべ動画で使用スパイス配分で、コリアンダーを八割にしろ、とかいうのを見ましてね。スパイスカレーの基本にあたしゃ、ターメリック、クミン、コリアンダーの三種なんですが、このうち、クミンの香りが好き、ターメリック=ウコンだから酒飲みによかろう、という事で、この二種は多く入れがち、使いがちなんですよね。という事は、比較的コリアンダーは使う頻度が低い。そのコリアンダーを一番多く使え、それも全体量の八割使えって・・・それ、どおなのよ?にはなりますわな。

 コリアンダーが乾燥パクチーだという事は聞いた事があり、特にパクチーが好きでも嫌いでもないので、コリアンダーを特に意識した事もなく、そんぢゃ一度やってみようかな、と。

 ちなみに自分はカレーでこれが一番好き!!というスパイスカレーの組み合わせを未だ見つけていないものですから、というか今のところ一番好きなのって呼続のカレー屋さんのピリヤニの香りだったりするから、カレーよりも使われているバフマティーライス?の香りが好きなのか説もある。

 まぁ今夜はお試し第一歩であります。あ、カルダモンは好きなんですよ。同じよーつべ動画で一人頭カルダモン三つ入れているカレーもあったな・・・二つ試すか。

冷房・・・

 冷房をかけると目がさえる。昨夜は熱気と湿気で重たく感じたので、就寝中に冷房を入れてみたのですが・・・四時間タイマー中、一睡もできなかった・・・どうも冷気で目がさえる体になってしまったようです。おうふ。だから昨夜?は二時間ほどしか睡眠とっていないかも知れない。ヤメテヨ。

 まぁ日曜日は昼下がりに二、三時間まどろんでいますからね。冷房をつけずに。そんなんで帳尻合うか!!

 そんな一人突っ込みをしながら、土曜日、岐阜で飲む約束をしましてね。そういえば岐阜に行ってもいままで金華山に登った事なかったナ。岐阜城、いってみっか!!と軽い気持ちでいきましてね、んで登山道を選択するのですが、大手の一番平坦な道を見落としつつ、初級の登山道『瞑想の小径』なんてものがあると。これ、ちょうど良くね?と思って歩き始めたのが運の尽き。最初の数百メートルは問題なかったのですが、だんだん道は細く険しく、岩場もあり、ついには段状らしきものはあるけれど、足場の悪さを見るに・・・これ初級なのか?と。場所によっては両手がフリーでないと登る事の出来ないところが多々あり、しかも金曜日から夕立とか降っていて濡れた足場は滑るよ滑る。登っている最中、ちょうど中間点近くで雷とともに夕立も降りましてね。まぁそれは木陰が多かったので、そんな雨に濡れはしなかったのですけれども、いやぁ、ここで力尽きたら救助なんてこねーぞ、という危機感で休み休み登り続けるしかなかったですねー。気力と体力勝負になるなんて、思いもしなかった。その時、頭でエンドレスでかかっていたのは、購入して即聞いたこれでした。


www.youtube.com

んでCDはこっち。

 

NIA

NIA

  • AINOU
Amazon

 頭の中で「さよならクレール」リフレインしていたのは、単に頭に残っていたからかも知れないのですが、中村佳穂というアーティスト、先日『竜とそばかすの姫』を見て初めて知った口でして、新人さんかしらんとか思っていました。失礼な。活動十年以上の人ぢゃん!!そうこうしていたらFMでコンサートのCMが流れましてね。そのBGM「さよならクレール」だと、よーつべで調べたら解りました。

 一つ前のCDも一緒に購入しましたが、『NIA』というCDの方が好みかな。物凄くとんがっている感じ。あんまり接した事のない、音、メロディ、唱。突き刺さる歌詞。自分、CDを購入する場合、なーんかジャンルとしてオルタナティブ、つまりあんまり一般的ではない音楽を購入しがちなのですが(時々オーソドックスなポップスも買うけど)、最近買ったものでは女性アーティストの楽曲に好みが傾いているなぁ、と。数年前は男性アーティストが多かったような気が。数年サイクルで好みが変わるみたいな気がする。

 「さよならクレール」は90年代結構好きだったドラムンベースっぽいアレンジかなぁ、とか思ったり。素人だから本当かどうか分りませんが。

 とにかく、そういうものを総動員して金華山、登り切りましてね。下りはロープウェイですよ。文明の利器ですよ!!次に登る時は大手道一択。それ以外ありえねぇ(へたれ

 あ、『鎌倉殿の13人』第二十五話。頼朝の最後が乗馬中の卒中みたいな演出は良かったですね。いつも孤独を感じていた男が、最初から付き従っていた藤九郎のみがお供する中で、前触れなく亡くなるのが。この頼朝は、大泉洋さんでないと演じられませんでしたね。お疲れさまでした。

 そして和田義盛の傍らに側女として巴の姿を見つけると・・・あ、この人、和田合戦で義盛と運命を共にするんだな、と感じましたね。あとは八田知家は土木工事シーンで登場するキャラなのか?とか公暁の母親は正妻、それも源氏の血を引く女性説をとるんだな、とかそんな事をニヤニヤしながら見ていました。

 頼朝が亡くなるまでが前半と思っているので、これから録りだめしておいたものを第一回から順番に見ようかなーっと思います。

水蒸気の中にいる感じ

 名古屋は今季初めての熱帯夜だったそうです。へぇ。

 でもまだ冷房が入るよりも、そのままの方が寝つきがいいかも知れません。この後、どのあたりで涼しい方を求めるようになるのかなぁ。涼しい方が目を覚まし、冷房を止めて、だんだん暑くなると睡魔が訪れるという習性を最近体得したみたいに思えるので。車の冷房も眠気覚ましになっている・・・

 さて今月はあんまり漫画の新刊を購入していないのですが、今週は二冊買いました。でも、感想を書くのが難しいかなぁ、と思ったりしたり。

 

 最終巻です。まぁこのテーマで長々と話が続くはずもないですし、孤独な、そして追い詰められた人間がテロなり犯罪なりに染まっていくというならば、人との繋がり、相談できる人を増やす事、助け合える繋がりを増やす事が、そして裏付けを得て行動する事が身を守る事・・・になるのですかねぇ。解っちゃいるけど、そうそう実行できる事でもないけれど。

 あとISILの温床がイラク戦争時に米軍が設営した刑務所であったというのは初耳・・・初目?まぁ初めて知りました。閉鎖された比較的人道的に遇される、食うに困らない空間で、その気のある人間がいれば、孤独で、精神的に追い詰められている囚人はその話に耳を貸し、説得され、ついには構成員候補となって刑期を終え世間に放たれるという。湾岸戦争の時にやり過ぎて非難された刑務所の轍を踏まないように行動したら、それが仇になったと。

 刑務所が再犯防止の啓蒙機関なのか、危険人物を物理的に隔離する機関なのか、どうにもこうにもそのあたりを勉強した事ないので判らないし、難しい話だよなぁ、と思ったりしたり。

 平和というのは、均衡によってもたらされるって話。『敵を殲滅する』よりも腑に落ちるのですよね。どうあがいても人間は他者が存在する訳で、その他者との牽制(尊敬、敬意、脅威、愛情、友情それら全てをひっくるめて)が均衡している場合、平穏な関係がある訳で、その天秤を少しでも負の方向に傾ければ、人間関係は殺伐とし敵対関係になっていく。国も人の集合体なのだから、そんな感じかなぁ。

 そいえば先日旧日本赤軍の幹部が刑期を終えましたよね。あのマスコミの扱いは間違っていると思う。贖罪したとは言え、彼女の行動によって世界は悲惨な経験をし、窮屈な状況をもたらされたのですから、彼女を持ち上げるのは間違っている。静かに余生を送るならば問題ないけれども、彼女の行動を肯定的に評する事だけはしてはいけないと思うのですよ。そして彼女を拒絶してもいけない。絶望が世界の敵となる原動力にもなるのだし。よく判らん文章になりましたな。まぁいつもの事かー。

 

 この方の漫画、エロ漫画も含めて買っているのって、アスリート的人体に対する愛着というのか、敬愛というのか、そんなものを感じたりするからなんですよ。古代ギリシア古代ローマで裸身の人体が神の似姿とされた感覚に似ているのではないかと思ったりしたり。ここには取り上げないのですが、最近女性タレントさんのヌードも含めた写真集を購入したりしているのですが、この身体を維持する事に努力しているのだな、と思うとスケベ心と同時に敬意を持ったりしたりして。美しく装うという事も才能だよな。生まれ持ったもの以上に、どのように自分自身を演出するのか、それに長けた人がタレント、モデル、俳優として活動しているのだなぁ、思ったりして。

 たぶん、この巻で主人公が尊敬するトッププリマドンナが電撃引退するから、そんな事を思ったのかも。自らが理想とする踊りを身体的に表現できなくなる。その予兆を本人が悟ったから引退する訳で、自らの努力が及ばなくなった時、人は退くのだなぁ、と。

 そんな事を考えながら、このバレエ漫画を読みました。

安全保障の現代史

 学校ではどうしても時間切れでやらない部分ですね。あとリアルタイムで進行している事だから評価が難しい。メディアのニュースにはデマ、プロパガンダも含まれるし。たぶんこの本は比較的確度が高いんぢゃないかな?と思って購入しました。

 

 著者がその『NSC』つまり安全保障の中枢に在籍していた過去がある(官房長官の下で安全保障を担当する補佐官をしていたらしい)ので、これ以上ない内側を知る人物な訳で、とは言え本業は研究者のようですから比較的客観的な視点で書いているかなーっと。

 まず言えるのが日本の安全保障体制は、そもそもの初めから泥縄的であったこと。大戦中に連合国から勧告された『ポツダム宣言』で天皇制保持が明文化されていなかったことから、天皇制を死守したい日本政府側がバーターとして憲法第九条を認識していた事から始まります。武装放棄するから米軍、守ってね?細かい折衝はあるけれども冷戦期はそこで思考が止まっている感じ。だから一国平和主義で、アメリカが戦争する際、自国の領域と関係ない戦いに駆り出されるのはヤダ、なんて都合のいい事さえ言えるという・・・

 具体的に自国の安全が周辺国との有機的な防衛機構の連動であると理解したのは、皮肉にも冷戦後。ソ連崩壊によって北朝鮮が独自の核戦力保持とか言い出して、具体的な脅威が目の前にあると気づいてから。

 それでも読んでいくと・・・日米安保条約の規定って、え?と思う事が書いてあるみたい。有事の指揮権が米軍、自衛隊の並立型になっているって、どゆこと?戦争している時に指揮系統が一本化されていないって、それ、戦前日本やん!!とか突っ込み。これは明治期からの日本の宿痾とも言うべきもので、他国に指揮権を委ねるという事は生殺与奪を他国に与えることって認識がずっとあって、戦時の弊害よりも支配の恐怖が勝っているという。ならば自衛隊が指揮権握るのか?というと、これが不合理。何故なら日本を始めとする北東アジアの防衛網はアメリカと地域国の二国間条約によって構築されており、つまり有機的に防衛網を動かそうとすると米軍が中核にならざる得ない構造。

 他の国は有事の際、米軍に総指揮を委ねるのは常識になっています。一番兵力、装備、諜報網、全地球的戦略眼を持っているのが米軍だから、ベストでなくてもベターな選択せにゃならんとなると、そうなる。

 おそらく、他の国は米軍との合同の実戦体験を有しているけれども、日本は幸運な事にそういう事態に一度たりとも合っていない。だから頭では米軍に総指揮をとらせた方が合理的と解っていても感情が、習慣が拒否するって感じ。

 著者によると現在の東アジアの防衛構想は『1905年体制』と言うらしく、つまり日露戦争を日本が制した後、日本が構築した防衛構想をなぞっている感じ。比較的弱体な中国を海から封じ込めるというもので、大戦中の米軍はこれを理解していなかったからソ連による朝鮮半島北部占領を許したとも。というか戦争終結までアメリカとソ連が協力して世界の紛争を封じ込める構想だったのだから、まぁ大陸はソ連に任せればいいや、になるわな。それが夢想であったというのは終戦直後から判明するので、最初日本を非武装にしたままにしておくつもりの米軍が、朝鮮戦争を契機に再武装しろといい出す訳ですが。

 まぁその前提条件である比較的弱体の中国なんて、ここ二十年でひっくり返っていますからねぇ。今後はどういう安全保障体制を構築しなければならないのでしょうか?

 知らんけど(おい

蒸し暑いでござる

 梅雨って感じになってきましたよ。しとしと雨は降るし、むわっと水蒸気が体にまとわりつく感じで、冷風を感じると生き返るという体感。夏がやってくる準備ですかねぇ。部屋で本を読む時は冷房をかけ、涼しくなると切るという事をしていますが、まだ就寝時には冷房をかけていません。というか就寝時に冷房をかけても寝入りが良くなるという訳でもないので。蒸し暑い方がいいのかね。そんな事はないか。でも昼下がりに転寝する時は、たいがい冷房が入っていないのですよね。しばらく冷房つけずに就寝してみます。

 んで、読み終わった本。

 

 都市京都の事を複合的に語る本です。とは言ってもやっぱり大半は政治と経済の話ですが。荘園制度が律令制のとどめ、みたいなイメージがあったのですが、摂関政治の頃は荘園制度って緩いというか、極端な話、一人の国司の任期中に設立と停廃を繰り返す臨時施設見たいで永続性がないって感じ。これは国司は定められた税を国に治める事を義務付けられた存在であり、この頃になると最大のノルマという感じになっていた為、上級貴族や寺社へ収入を収める荘園というのは邪魔。ただ自分が仕える上級貴族受けは良くしたいので任期中にそういうものを設立する。んで任期が変わって別の人脈の国司が就任したら、コネのない上級貴族への受けよりも国税を収める事が優先される、というサイクルを繰り返す。

 んで受け取る上級貴族の方も大らかで、奉仕という形で国司を務める富裕な下級、中級貴族から様々な財物を受け取っているので、特に自分から荘園を囲い込む必要性がない。

 この風向きが変わるのは、上級貴族が道長直系の摂関家所縁の家に固定されてきたこと。その摂関家外戚から外れて皇位継承への影響力が薄れ、変わって白河院を始めとする天皇家家長が天皇と摂関人事を掌握した事により政局の主導権を握ったこと。

 こうなると、院政を行っている天皇家家長に奉仕すれば自分の出世が確定されるというので荘園も院所縁のものに集中するし、永続化していきます。それで困るのは摂関家で、こちらもまた政治主導権を失った頃から永続的な荘園集積を開始します。そうやって荘園を集積に経済力を集め、人事権に影響を及ぼすものを権門と言うそうです。

 なんかね、権門体制とかって言葉は以前から触れていたのですが、具体的にどういうものかよく解らなかったのですが、ようやく腑に落ちた感じです。

 本来は国に流れ込む筈の富が院や摂関に流れ込み、彼らがそれを使って宗教的な都市空間を京都周辺に構築していったのが、この頃の傾向。文化的なものもそこに集中するという。

 あ、猿楽もこの頃から始まったそうですね。蹴鞠もアクロバティックな技が持てはやされて、そういう事ができる人は下級階層に多いので、蹴鞠は上級貴族の嗜みではなかったそうで。あとは今様も芸人が歌うものだったようで、今でいうとサブカルチャーって感じですかね。クラシックに対するロックみたいな位置づけ?が漢詩>和歌>今様って感じがする。

 シリーズものですので次巻は武士の台頭が語られます。楽しみ。