pomtaの日記

だいたい読書感想か映画感想です。たぶん。

教範は教範・・・

 昨日も書いたけれども読み終えたので感想の続き・・・みたいな。

 

 同じ著者の方の『イラストでまなぶ!用兵思想入門』の現代編を待っているのですが、なかなか出そうもないので、んぢゃあ、こっちでも読もうと何気にポチッとナ、してしまいまして、読みました。

 取り上げられているのはフランス、ドイツ、ソ連、日本。どの国も1930年代半ばまでに、次の戦争を睨んで士官学校とかで教える教科書をつくったという事なのですが、お国柄、思想というのが良く表れています。

 フランスは陣地戦前提の話で理論的。では防御的なのかというと、攻撃しないと勝てないという意識は持っているし、というか攻撃的な考え方だし、教範で『場合によっては死守しろ』と明記しているのはこの国だけ。ただ第一次大戦の陣地戦を意識しすぎて「どうやろうが全部正面攻撃にしかならない」と考えていて、運動戦・・・機動戦を考えていないという。なんでも計画して整然と運ぼうとして、一時を争うような場面を想定しない。理論書でありハウトゥー本ではない、ということ。

 ドイツは陣地戦を部分的に克服した浸透作戦を基本に置いており、戦果拡張を前線の穴を大きくするのではなく、敵後方に進行して砲兵陣地、司令部を叩いて前線を孤立させ混乱させる。そして後続部隊によって包囲殲滅していく事を教えます。戦闘指揮を創造性に満ちたアートになぞらえ、少数精鋭である事を末端にまで求めるのは、ヴェルサイユ条約保有兵力を制限されている身の上としては行きつくところですかね。

 これの応用が電撃戦だった訳ですが、戦術的視点を持っていても広範囲の戦略視点を持っていなかったと。あと現代戦の『遅滞戦術』の概念を持っていなかったともいいます。というか理論的に説明できなかったようです。

 四か国の教範の中で一番評価が高くなるのはソ連。革命で知識階級の多くが亡命したり、殺されたりしてしまって教育レベルが望めない人員を下士官、士官に登用せざる得ない現状から、その指揮能力を期待せず、事細かく「最低限これはクリアしろ」というマニュアルと化しています。そして仮想戦場がポーランド国境やら満洲やらで広大な平原、荒れ地であることから多方面の戦場を複合的に考えなくてはならず、防衛を敵戦力の拘束と割り切り、攻撃部隊に可能な限りの兵員と兵器、補給物資を集めて、敵を圧倒する戦力で撃破。さらに敵の砲兵、司令部、補給に至るまで可能な限り深く進み、相手を混乱させ、包囲殲滅するという縦深戦略を説きます。

 なので戦う相手はいつでもソ連軍が圧倒的物量で迫るという悪夢を見る事になります。防衛が敵戦力の拘束って時点で「遅滞戦術」概念を持っているっぽい気がする。事実ソ連は第二次大戦を勝ち抜き、またソ連崩壊までこの教範は使用されました。これ書いた人々は優秀。ま、たぶんスタリーンの粛清で殺されちゃったかも知れないけれども。教本化する事で人は亡くなっても思想は残る、という事なのか?

 著者は日本人ですので以上三国の教範は当時の日本軍人が翻訳しているものを使用しているのですが、つまり日本陸軍の将校は上記三つの教範を読んでいて、自分たちの教範を書いた人々がいるのですが・・・著者の読むところ、他の国のいいとこどりで理念というものがないようにみえるそうです。あと一般論が多く、これを読んだだけでは何をやっていいのか判らない。これは本だけでなく実習、口伝で教官が教える比重が大きかったのではないかと著者は推測していますが、自分は機密保持のつもりではないかと思ったり。ソ連の教範は陣地の設営、敵との距離、全て数値化していて、つまりそれを読めばソ連軍がどんな陣地を築くか、どんな戦法で戦うか丸わかりなんですよね。まぁマニュアルだから。なので自分たちが他国のいいとこどりをしたように他国も自軍の教範を読んで対策する可能性がある訳で、それを恐れて具体的な事はほとんど書かなかったのではないかなーっと。

 その割に負けているけど。

 日本陸軍ソ連陸軍を仮想敵としていてるので、その教範への対抗措置をしなければならない訳ですが、その結論が、とにかく攻勢。偵察による情報収集もそこそこに、攻撃しろ。とにかく攻撃。その精神が大事!!と唱えていまして。それはソ連の攻勢が敵軍を圧倒する戦力の集積から始まるので、これに時間がかかるだろう。なのでそうなってしまう前に戦闘状態にしてしまえ、という事ではないかと自分は思いましたね。

 そのせいで準備不足、情報不足で仕掛けて負ける場面がしばしばあるのですが。

 こう見ていると、教範もお国柄を表しているなーっと言う事ですかね。

 旧日本陸軍ってほんとに、なんか、こう・・・肝心なところでアレだよな・・・

結末まで読まなくても、なーんか・・・

 興味本位でフランス、ドイツ、ソ連、日本の戦術教範を解説している本を購入して読んでいるのですが、題材が1936年前後の、つまり各国陸軍が、どういう志向で第二次大戦を戦ったのか、というのが解る本なのですが、第一次大戦戦勝国であるフランスが塹壕戦前提のドクトリンを持ち、敗戦国だけれども部分的に戦術で塹壕戦を克服したドイツは浸透、機動戦で包囲殲滅を志向し、ソ連軍は体制の違いから殲滅戦争を志向し、その手段として前線だけでなく、指揮所や後方の補給体系にまで打撃を与える総縦深攻勢を考え、プロレタリアの軍隊である故に教育水準や判断能力をあてにせずマニュアル化し、日本は各国のいいとこどりと攻撃精神論に傾きがちという・・・ああ、なんか結論が予想できそうな内容だわ・・・

 フランスはマニュアルというより理論書であり、陣地戦を前提にしているので、そこへいかに秩序正しく戦力を投入、補充できるかを論じるのですが、遭遇戦になったら一旦引いて仕切りなおすと書いていて・・・ああ、これはドイツ軍の機動戦と相性悪いわ。鉄壁の防御線を突破されて常に主導権を握ろうと動き続けるドイツ軍。それと遭遇したら後退して仕切りなおすって、こりゃ一旦崩れたら際限なく崩壊していく。史実もその通りですね。

 ソ連は畑で兵士が取れると評されるのは、完全マニュアル化で兵士どころか士官の育成も時間短縮し、また攻撃する場合は兵力や兵器を集中して敵に対して優勢を確保した上で徹底的に攻撃する戦術をとるので、総兵力比以上の敵軍が迫ってくる印象になるよね。

 そしてそのソ連の教範を学んで対抗しているはずの日本は・・・攻勢と精神論・・・え?まぁこれ以上は最後まで読んでからにします。今日取り上げるのは、まったく毛色が違うアニメの事だし。

 

 現代中国を舞台にした青春物語を三篇連作したもの・・・でいいのかな。日本のアニメスタジオが中国、日本のクリエーターと作った作品ですので、絵に違和感はあんまり感じないし、物語もすんなり入ってきます。現代中国を俯瞰してみた事があんまりないなーっと思い(アクション映画とか見た事あるけど)、何気ない日常的な物語を中国の実写で見るよりも、遥かにソフトに感じられるかな、と思ったので録画して見ました。

 2018年公開なのでそれ以前の様相なのですが、都会の繁栄ぶりと地方の雰囲気の落差が激しいと思いつつ(巨大高層マンション群、という光景は中国ぐらいしかないよね。一方で地方の道路は未舗装の土道もあったり)、2020年代の中国の風景とは、こういう風になっているんだなぁ、と。

 1999年あたりだと、あ、見た事あるナ、と思ったり。2000年代から急激に都会が巨大に煌びやかに、最先端になっていく様子を見て、中国の現在はここ二十年ぐらいの発展なんだなぁ、と思ったり。一方でかつての発展を支えたらしい巨大工場が草生える廃墟になっていたり。

 青春物語とは違う視点ばかりが印象に残っているのが、なんかアレですね。物語はどれもほのほのとしたものでした。最後の話は、え、そこまでやったのか!!どんだけ~、とか思いましたが。殺伐としたもの以外に、時折触れるのはいいよね。

 今夜は昨晩BSフジで放映された『平家物語』第二話を見る予定ですが・・・まだ殺伐とはしていない筈。たぶん。

中指立てたくなる

 題名からして物騒ですね。しかしこの映画を見た後の感想は、こんな感じでした。

 

 英仏百年戦争の中休み期間とも言えるフランス王シャルル六世治世下の事件です。公開当時の新聞の宣伝文句だかで『羅生門』がどーのこーの書いてあったので、中世ミステリーかしらん?と思っていたのですが、ええっと、映画の構成というか演出が『羅生門』式という事で、内容的にはあんまりかぶっていないかな?

 下級貴族の若妻が強姦されて、それを夫が犯人と元友人と法廷で争い、水掛け論になったので神前での決闘裁判になったという話を、最初は夫目線、次に加害者視点、最後に被害者の若妻視点で描いて、クライマックスの決闘となるのですが、感情移入は完全に若妻目線でして、となると当時の騎士階級を含めた男性たちに中指立てたくなるという・・・

 当時の慣習では貴族階級といえども女性は完全に財産扱いで、夫やその家族、親族からすると強姦されたという若妻の訴えは自分たちへの名誉棄損が第一であり、どちらかというと訴えた妻自身の不名誉にもなるという考え。常識ある貴婦人は沈黙するという感じ。自らの意見は封じられ、ただ貞節のみを求められ、破れば妻が一番ひどい目に合うって印象。

 さらにこの若妻の方が経営者としては夫よりも有能であり(マット・デイモン演じる夫は誠実でも蛮勇で独りよがりのところがあり、兵士としては優秀でも、指揮官として、領主としては評価できないタイプの人)、この人の味方になってしまうのです。

 加害者は夫よりも宮廷人であり如才がないけれども、性欲を満たす事しか考えていないので、ここで『羅生門』的なドラマにはならんなぁ、とか思ったりしたり。

 ラストは勝者を称えるシーンで終わるのですが、爽快感というものが自分にはなく、この時代に生まれなくて良かったという感情が湧きました。腕力が正義・・・

 振り返って日本の中世においては強姦が下での事件って、あんまり記録に残っていないというか、自分はそういう研究を目にした事がない。日本の中世においては女性も自己の財産と発言権を持っていましたから、ヨーロッパの女性に比べると財産持ちの女性はよっぽど人間扱いされている印象。貞節も緩く、姦通罪って現場を押さえないと訴える事ができなかったかな?ある意味自由恋愛社会に見えるし。

 ただ記録に残っていないだけで強姦は起こっていたはず。というかこういうのっていじめと同じ原理で、相手が反撃してこないと思うと仕掛けてくる気がするので、やられたら反撃して相手の人生を破壊するぐらいの事をしてやらないと。そういう事ができる相手には強姦は仕掛けないので、財産のない人、目下の人は訴える事もできないから、そういう被害にはあっていると思う。

 つくづく人間社会は弱者にしわ寄せが寄せられる社会だよねーっとか思ったりしたり。

 ラストのコメントまで読むと、少し溜飲が下がります・・・でも時代的には百年戦争再開になるので、やっぱり苦難の時代になるから、史実を基にしていたら若妻は幸せな人生を終えていて欲しいと思ったりしたりしまするよ。

 いや、結構したたかに生き残っているのかな?

 

一日遅れの大河

 大河ドラマ『鎌倉殿の13人』第3回録画を1日遅れで昨夜見ました。全体にコメディ色が強い回でしたね。Twitterで学者さんが「源頼政は伊豆守ぢゃない」ってな事をつぶやいてみえて、なんぢゃろなと思ったら、あー、そういう事か。でもある意味仕方ない。『知行国主』って言葉、一般的ぢゃないし、説明するのもアレだからね。

 あと、義時くんは皮算用をしていますねぇ。あれだけで概算を出したのは大したものだけれども、まぁ、結果は来週以降のお楽しみですね。

 んで読み終わったもの。

 

 そういえば最近『下剋上』という言葉を歴史関係の書物であんまり見ないなぁ、と。んでこういう言葉にあんまり触れていない(と思う)著者の方が書いてみえるので興味を覚えましたが、端的に言うと、室町~戦国期に領地支配の矛盾を解消する為に、当主と筆頭部下が争い、筆頭部下が勝つと『下剋上』と言われると。んで『下剋上』が成功して以降、安定した支配を行いうるのは、主殺しを行わず追放にとどめる場合がほとんどで、主を殺してしまった場合、その多くは実行者は評判を落とし、袋叩きに遭い、滅亡するという。明智光秀もこのパティーンですね。

 つまり主の政策には不満はあるが、倫理として殺す程ではない、という事で、この場合、主に影響力、支持勢力があると巻き返しにあって泥沼の紛争になるという。戦国初期の紛争はそういうのが多いですかね。

 なんでもそうだけど、多数派工作は重要という事ですかね。あと何気に信長、秀吉はもちろんの事、家康も『下剋上』の達成者で、前者二人と比較して、どうも陰湿なイメージが家康に付きまといがちなのは、最終的に主家である豊臣家を体制に取り込む事ができず、滅亡させてしまったのが原因かも、と。

 自分も、関ヶ原合戦前後の家康は、なーんか好きになれないのですよねー。戦国期の頑張って生き抜こうとする感じの家康は好感が持てるのですが。

 あとは、斎藤道三一家の下剋上は、波乱万丈で劇的なので面白いですよね。一色義龍という名乗りが定着していないところとかも。

 

 実は自分は『御館の乱』についてくわしく知りたかったのですが、購入する本を間違えました。ポチッとし直したものは今朝届きました。

 「義の武将」という評価は、思い入れのある人がデカい声でそう唱えたからで、詳細に調べると他の戦国武将と言っている事は大差ないかな、と。あと、上記の『下剋上』でも父子二代の達成で、大変幸運であったとも書いてあって(主筋が断絶してくれたからもめ事がほぼなかった)、まぁそうだよね、と。家格上昇は山内上杉家を継承した事で達成されましたが、それにくっついてきた「関東管領」職についてしまったのが蹉跌。彼の本拠は越後であり、関東ではないから、どうしても自家に従ってくれた国人領主を支援、守護し切れないというジレンマ。同時代人からすると「頼りにならんなぁ」となる。

 もしも彼が継承したのが「関東管領」でなかったら、もっと楽だったかも知れませんね。あと短気で家臣が腫物を触るように接してくるので寂しいとか思っていたらしい。でも、まぁ、付き合うのは勘弁かなぁ・・・

焦がすと旨味が増す

 土曜日に料理こさえて食べたのですが、本来アスパラガスでやるものをスーパーにアスパラガスが売っていなかったので、何故か茄子とズッキーニでやる気になり、アスパラガスなら茹でてから炒めるという調理になるのですが、上記二つならそのまま炒めるか、でも念入りにやらなきゃね、と焦げ焦げになるまで炒めたらですね、いつもの通り控え目塩でも味が濃く仕上がりまして、なるほど、野菜や小麦粉を焦げせというレシピはこういう味を出すためなんだなぁ、と実感。

 ま、そんだけなんですけど。

 今日は金曜日に買い漁った漫画の感想です。

 

 え、これで終わり?これでは塩野七生さんの『チェーザレあるいは優雅なる冷酷』の冒頭部分で終わりぢゃないですかー。これからチェーザレとボルジア家の栄光と急激な没落の物語が始まるのに・・・何か作者サイドであったのかな?と勘ぐってしまう終結で、もにょってしまいますが、完結と唱っているいるなら仕方ないです。美麗なルネッサンス世界を楽しませていただきました。ありがとうござります、

 

 最近主人公ほど破天荒ではないけれども、ラヂヲパーソナリティって、結構個性的な人が多いよなーって、ZI〇-FMを聞いていると思うのですよね。自分はそういう方が楽しくて仕方ない口ですが。

 しかし、生き残ったんかい、こいつら、という感想。どういう風に『復讐』するんですかねー。次巻も楽しみです。

 

 森薫さんのらくがき集・・・って、このクオリティでらくがき?恐ろしい人だな・・・まぁこうやって公開してお金とれるレベルの『らくがき』しか載せていないのでしょうが・・・らくがきっていうよりスケッチですよね。ペン入れ以前の、鉛筆描きの味がとてもいいです。鉛筆の線の濃淡が悩ましい・・・来月も出るのですよね。まぁ買うのですけれども・・・

 

 スポーツなり音楽なりをやっていると、いずれぶつかる財政問題。特に留学となると現地での生活費も問題に。日本では学生のバイトは認められているけれども、ヨーロッパとかでは認められないので経済基盤がしっかりしていない人は大変苦労する事に。

 この漫画の主人公も決して裕福な家庭ではないので、次巻以降はそういう問題にも立ち向かっていかないといけませんね。

 コンクールでの活躍とかは、まぁ主人公は成果を残すものだしと思っているので、実はそういう光の当たらない場所をどう描くのか、という興味の方が勝っていたりして。

 明日は映画と文章系の感想を書きたいです。

CM入り~

 ようやくTVアニメ『平家物語』の第一話を録画し、昨夜見ました。1/19深夜にBSフジで放映されたので。地上波東京キー局より一週間遅れか・・・助かった。

 けど、そういえば民放TVアニメ見るのって何年ぶりだろう。NHKWOWOWか、もしくは円盤購入でしか見なくなって久しいので、途中でCMが入る事に慣れなくて、なんか没入しているところをぶった切られた感じになって、もにょるものなのね・・・。ドラマもNHKWOWOW、円盤でしか見なくなって久しいから・・・CM入りに慣れない・・・

 でも第一話は昨年九月にネット独占配信していたところが無料で見せていたので、知っているのは知っているのですがね。でもねー、大画面で見たかったからねー。明日の深夜東海テレビで流れる第二話を録画してみる予定です。どうなるかな。

 さて読み終えたもの。

 

 平安末期から鎌倉初期の著作が増えているのですが、基本的に気になる著者のものしか読みませんけれども、この方はどちらかというと室町、戦国期の城砦遺跡を発掘、検証する方なので、本筋ではないのですが、治承・寿永の内乱を軍事に詳しい人視点で見たらどうなるのかな、と思って買いました。

 ええっと、印象としては旧説の尻尾を引きずっている感じですね。この方にとって新説は腑に落ちないものらしい。しかしそれも仕方ない事です。新資料が発見されたならともかく、結局解釈違いの問題ですもの。状況証拠の解釈によってどちらが、より整合性をもって説明できるかですからねー。

 先日の日記に書いたところ意外だと、都市鎌倉が『城塞都市』というのは最初にそう理解した人の誤解で、考古学的に『切通』は石材を切り出した後である事が証明されており、平安末期から鎌倉期の『城』とは(反乱)拠点を意味する事が多く、今日の自分たちがイメージする要害は鎌倉末期、ひょっとしたら楠木正成あたりが築いて立て籠もって赤坂城とかが嚆矢かも知れないですね。他に考古学的発見がなければそんな印象。

 ならば何故鎌倉を拠点として源頼朝は選んだのかというと、この人は先祖の源頼義の事績を可能な限りトレースしていましてね。源頼義飛躍の一歩は当時そのあたりを支配していた平直方の婿になり鎌倉に居を構えたところでして、その故事にならったというのが第一ではないかと、そうおっしゃっています。

 あとは、源義経は日本史上初めて戦術的、戦略的視点で戦を組み立てる事のできた人物であるとか(そもそも数千単位の軍勢が日本列島を移動する戦乱が、初めてともいえる)、そんなところですかね。『親王将軍』を源頼朝が構想していたってのは流石に無理があると思うナ。大姫入内は皇子を出産して皇位継承を目論むところまでいかなくても、朝廷とのパイプ役として彼女とその周辺が活躍してくれることを期待するだけでも意味があると思うし(駐在大使みたいな役割ですね)、親王将軍を企画する事は、自分の後継者として頼家を積極的に御家人たちにアピールしている事を否定しかねないですし。

 まぁいろいろな意見があるのは面白いですけどね。

 

昨夜の映画は・・・

 クライムコメディという説明文を見て録画してみたのですが・・・ええっと、この作品をコメディとカテゴリーした人とは、ちょっと意見が合わないよナ・・・

 

 B級・・・ではないですね。二十四時間営業の、ガソリンスタンド+コンビニという営業形態の店に勤める(たぶんバイト)のコミュ障の女性が主人公なんですが、本人、一生懸命に他人のと繋がりを求めるのですが、空気読めないので相手が求めていないアドバイスとかしがちで、しかもそれが解らないから距離を取られがち。まともに相手をしてくれるのは新米保安官補佐のアジア系の男性ぐらい。それも半分は職務っぽいんだけど。その保安官補の写真を隠し撮りとかしているとこなんか、ああ、ダメな感じだなぁ。

 同僚の女性はストーカーさえついてしまうぐらい人気があるので、余計に自己肯定が弱くなってしまう。その女性、性格悪いけどね。たぶん、はっきり物を言うところが受けるのかね?

 もうすぐシフト交代という時間になって、なんというか、勢いだけで生きてきましたって若い男が強盗してきて、ちょっとそれがいい男だったから、何を思ったのか主人公、強盗に協力的になりレジのお金だけで被害を食い止めようとする同僚の努力をぶち壊し、金庫のお金まで出して自分も一緒に逃げるとか言い出して・・・

 たぶん、この主人公の常識的でない反応や行動がコメディだと言いたいのだろうけれども、自分には他人との距離感やかかわり方が解らない孤独な人が、思い切って行動すれば現状を変えられるかも、と期待するけれども、やっぱりその行為も拒絶されて、次第に自暴自棄に・・・でもやっぱり一線を越えるのは怖い・・・という、思い切りとかやり方が解らない人の、恐怖や絶望、戸惑いを描いているように見えて、笑うどころではなかったですね。

 コメディぢゃないですよ、自分にとっては。

 よくできていると思うし、最後まで早送りせずに見ましたが、面白いかというと、どっちかというと胸が痛くなるような部類の映画でしたね。最後の最後に保安官補に助けられて「大丈夫か」と声をかけられた時、「それは本心よね?」とか確認したのが、自分の好意が受け入れられなかった彼女が踏みとどまれる最後のチャンスみたいに自分には見えました。

 事件の最中に訪れた客の中で、自己中心的な発言を繰り返しながら、泣いている主人公に気が付いて、気遣う言葉をかけるおぢさんキャラがなんか印象に残りましたね・・・

 コメディぢゃないですよ、はい。