pomtaの日記

だいたい読書感想か映画感想です。たぶん。

丸の内炒飯OL

 今現在の著者小泉悠さんのTwitter名を表題にあげてみました。はい。

 

 著者というか対談集なので厳密には著作ではないのですけれども、五月頃から六月、七月ぐらいまでの期間に識者との対談を載せています。読んでみると小泉さんよりも年長者との方との対談はお行儀が良く、同年代以下になると多少羽目を外している印象。羽目を外すというのは、話題が一般読者よりもマニアックな方向に流れるという事で、特に元自衛官芥川賞作家さんとの軍事マニアチックな話題が多かったです。正直、一番面白かった(軍事マニアまではいかないけれど、その手の話題が好きだから!!

 次に面白かったのは軍事評論家というか安全保障の専門家との話で、これが一番分量が多く、この方たちの中ではやはり開戦前のロシア陸軍の評価は高く、特にキーウ攻略に失敗した北部ベラルーシからの侵攻軍が、大した損害も出さずに撤退した事は高く評価しています。確かに撤退戦が一番難しいですからね。詳しい事は解りませんが、ウクライナ側に追撃する戦力がなかったというのも大きな要因かも。

 またそうやって撤退した精鋭部隊が五月の東部攻勢に振り当てられ、これがジリジリとウクライナ側を追い詰め戦線を押し上げていたので、ロシア軍侮れぬ、という事になるのですが、軍事評論家の印象だと何十年前のものだろうとロシア軍は大量の兵器を備蓄しており、火器火力は優勢だけれども兵力が足らない。プーチン政権が「戦争ではない」という建前を崩していないので動員できない為だということ。

 翻ってウクライナ側は最初から動員をかけており兵力では勝っているけれども武器が、火力が足らないという状況。

 それが八月から様相が変わってきて、西側の兵器操作に習熟した兵士が戦線に出てきたり、旧ワルシャワ条約機構諸国が保有していた旧ソ連戦車が供給されたりして、つまり不足していたウクライナ側の兵器が充実してきたと。加えて南部攻勢と同時に東部攻勢を仕掛けた事が大当たり・・・これ、ロシアの精鋭部隊ってもう数が限られているのでは・・・

 ただ九月末日の現在知っているだけで東部のウクライナ軍は攻勢を続けているけれども全体的に膠着状態になりつつある感じ。ロシア軍が本気を出していないという意見も判らないではないけれども・・・しかし訓練が不十分な兵士を前線に投入しても死者が出るばっかだけれど・・・これから秋の泥濘期は戦線が停滞するから、その間に訓練するのかなぁ・・・まぁ素人がアレコレ言うべきことぢゃないけれども・・・

 まぁこの戦争も決着がつくまで本当のところは解らないし、出てくる情報を眺めながら本当らしいところを考えるしかないですよね・・・

切ない

 金曜日だったかな?録画しておいたこれを見たのですよ。報われないし切ねぇ・・・

 若者の浅はかさ、というのは易しいけれども、Drストレンジの仲間の魔術師たちに「やっちゃだめ」って言われている事をやる、という発想もキ印だよねぇ。そのせいで世界は、というよりもスパイダーマンの人間関係はヒドイ事に・・・平行世界の同名別人のスパイダーマンとその敵が集まってくるって、一つの世界の事だけでもややこしいのに、という展開。その上、主人公スパイダーマンの正義倫理から「皆助ける」ってそういう一番難易度の高い方法を選択し、更にややこしく悲劇的な展開に・・・それも彼の人格形成に大きな影響を及ぼした「いいひと」が・・・

 味方になってくれた平行世界のスパイダーマンたちはもちろん、敵となっている人物たちも助けるという超難易度クエストは、多少の齟齬はあってもなんとかクリアしたけれど、それだけでは時空の綻びは止まらない。そこへ強制執行しようとするからスパイダーマンに時空の彼方に隔離されていたDrストレンジが復活(こういうところも大概だよな、こいつら)。そして世界を復旧させる為に彼が提案したことは・・・

 ああ、身から出た錆の部分もあるとはいえ、スパイダーマンは本当の意味での孤独のヒーローになってしまうのでした。切ねぇラストぢゃ・・・もっとヤバいのは、スパイダーマンがそれだけの犠牲を払いながら、やっぱり世界の混乱は続いてしまい、その収拾に苦労するDrストレンジが主人公の次回作に続く、という・・・これはもう公開されていますね。はい。また録画できるまで待ちます。

 もう一つ読み終わったもの。

 

 ええっと、二巻目読んで確信しました。世界設定は好きだけど物語が、何というか、上滑り気味。何というか、入り込めない。演出方法やトラブル解決の過程も自分に合っていないって感じ。一番それを感じたのが、艦隊決戦でパートナーの星霊を失った優秀な指揮官が絶望して世捨て人みたいになったのですが、それを呼び戻し、同盟国の、しかも人類死ぬべしだが星霊を救う目的だけは一致しているから味方してやる、というスタンスの星霊司令官とパートナーにさせるというムリゲーミッション。具体的なドラマとかなく、なんとなーく収まっている・・・え、なにこれ?こんなんで許されるの?ええー・・・

 なんだかなー・・・なんだかなー・・・

少しは時事ネタ、その後、百合百合

 昨日、安倍晋三氏の国葬が行われた訳ですが、自分にとって公人は、それだけでもう歴史上の人物みたいなもので、言ってしまえば事績が解明されない限り、その人生を評価できなくなってしまっており、好悪だけが先行している現在の評価からは距離をおいてしまうのですが、葬式は死者の為に行うのではなく、残された生者の為に行われるならば、国葬は政権与党による安倍氏の表彰式というTwitterに流れてきた評価は妥当なのかなぁ、と。

 岸田総理の弔辞はアレみたいですが、政治的盟友として供に長期政権を支えた菅氏の弔辞は大変評価が高く、確かに抜粋を読んだだけで、もー、これは将来腐女子によるBLネタになってもおかしくないと同人脳が囁きます(あ

 あとは、葬祭っていうぐらいだから献花に並んだ人にとっても、反対デモに参加したにとっても祭りだったなーっという感じですかね。献花を販売した花屋さんたちはウハウハだったろーなー、というのが一番最初に思った事って、自分、どんだけ醒めているのやら。そんな感じでしたね。

 はい。BLネタになりそうな事柄の次は百合百合。

 

 読んだ順とは逆に並んでしまった。まぁいいか。『盟約の少女騎士』というファンタジー系作品で知った中国出身の作家さんなのですが、本来は推理作家さんなので読んでみようと密林で大人買いしていました。ここ十年ほど中国系の作家さんの作品がSFや推理もので取り上げられるようになっており、日本にとって中国推理小説SF小説の勃興期にあたるのかな、と思いました。

 勃興期であるので中国内作家よりも国外の作家に影響を受ける事が多いようで、陸さんも多数の日本人作家の作品を読んでいるみたいです。特に『新本格』と呼ばれる、どちらかというと自分は避けているジャンル・・・(あ

 自分にとって『新本格』ってトリックありきで物語は後からつけるような印象があり、自分はどちらかというとトリックよりも物語の流れの方に興味があって、トリックは読み飛ばしがちなものですから、そういった意味では自分向きではないかな、と。ただアガサ・クリスティ的に犯人は常に欲得、打算、あるいは憎悪から犯行に及ぶパティーンに多く触れた身としては、こんな思春期的な、不安、絶望を動機とする犯行というのは目新しく、新鮮でした。殺意というよりも存在意義を問い直す殺害動機って、そういう発想はなかったなーっと。もしかしたら日本の作家さんではそういうものは結構あるのですかね?実はそれほど推理小説を読んでいる訳ではないので、読んでいる作家に偏りがありますからのぉ。

 百合百合感情が(BLもか)思春期にありがちな(別に中年、壮年、老年になっても陥ったって構いませんが)情緒的な、抒情的な感覚であるならば、こういう殺害動機を据えるというのは百合百合作品の名に相応しいのではないかと思ったりします。

 今はこういう傾向の作品がエモいって受けるのでしょうかね。読んでみた百合百合作品を思い浮かべながら、そう思いました。あ、自分にとって受け入れられる作品と、そんなに琴線に触れなかった作品もあるので、百合百合は自分にとってはオールマイティ作品ではないだろうなぁ、と。

蒸し暑いのヤメテ

 昨夜就寝した時、除湿を一時間仕掛けて寝ていましたらね、夜中に蒸し暑さで目が覚めてしまったのですよ。改めて二時間除湿タイマー仕掛けて寝なおしたら、久々に目覚ましで起きるという・・・つまり体が睡眠を欲しがっている状態で目覚めました。

 もう秋ですから涼しくなって欲しいのです。先週の台風が湿気と熱気を再び日本にもたらしたようでして、ええっと台風一過は爽やかという相場を守っていただかないと困ります・・・

 そういえば、と思い出したように、艦これで運を上昇させるの、八か月前ぐらいから海防艦も使えばできるようになっていたんですねー・・・日記書いた後に攻略wikiを見たら、そんな事を書いてあった。そして今の主流は7-4周回で海防艦掘り・・・資材が回復したら考えてみましょうかね・・・

 それはさておき読み終わったもの。

 

 これで続編も最後ですね。後半三部作を読み終えて感じた事は、前半三部作に比べると敵の得体の知れなさ、巨大な組織が個人を押しつぶそうとする恐ろしさ、そういう雰囲気が薄くなっているように思えます。なので小説としては面白いけれども『ミレニアム』という作品の匂いというか、自分が感じていた「少年ダヴィデが巨人に打ち勝つ」みたいな、そういうハラハラドキドキの爽快感は読後に少なくなったような感じ。まぁ主人公サイドに味方が増えればそういう事になっていくのですけれどもね。

 たぶんこれは前半三部作の主な敵がリスベットの父親である旧ソ連のスパイと彼を情報源として保護していたスウェーデン当局・・・その冷戦時代の遺物だった訳で、それが巨大さ、得体の知れなさ、不気味さを醸し出していたのですけれども、後半三部作は個別の人権侵害者が敵に回っていて統一されていない感じ。彼らの背後でうごめくリスベットの妹にしても、人を魅了して思いのままに動かす事はできても、統率し組織的にリスベットを追い詰め攻撃する手腕に乏しく、敵役としては役不足の感あり。

 個別のエピソードとしては面白かったのですがね・・・

 んで購入した本で陸秋槎さんの日本語訳された本三冊を読み終えているのですが、おっともうすぐ一千字を越えるので今日はここまでですねー。

オタクってすごいなぁ

 いや昨日の『鎌倉殿の13人』、題名が意味不明だな。呪文?って思っていたら、実は意味があって、それが話の内容に合っていて、しかも日本語としては意味不明なそれをちゃんと「家族の最期の団欒」ネタとして使っているんですよねー・・・あ、日記の題名の意味は、ドラマの題名の意味を調べた人がいて、それをTwitterでつぶやいていましてね・・・ほんとかどうか判りませんが、本当ならこんなネタを良くもまぁ気が付いたなぁ、と感心しました。この域がオタクなら、オイラは一般人だなぁ・・・コミュ障気味の(あ

 グッバイの前に、その人についてのほっこり、或いは惜しむようなエピソードを挟み込んでくる三谷脚本でありました。来週はほんとに牧氏の変ですかね・・・

 さてこの三連休、初日こそ大雨に祟られましたが土日は晴れて過ごしやすい日々でした。日曜日なんかタイミングが悪くてなかなか干せなかった布団干しがようやくできましたよ。金曜日はカルダモンたっぷりのキーマ&チキンカレーをこさえ、土曜日は二回目の五人プレイ『我らが王が身罷りて』を遊び、日曜日は艦これ2022初秋イベE6丁にひいひい言いながらクリアしていました。

 『我らが王が身罷りて』では参加された腐女子の方々が「これは腐女子向きのゲームだ!!」と気づかれたので、これからは腐女子界隈で流行るのではないかと予感したり(百合百合はなんとかいけるが、BL展開はまだまだ未熟であります・・・)してます。陰謀劇として演じるには、ラブラブな質問が並ぶミニゲーがあるのでして・・・ハニートラップでも純愛でもいいけれど、これを楽しむ気持ちになれる方が参加していると楽しいよねぇ。また五人プレイしたいですべなぁ。

 今回の艦これイベで切実に感じたのは、夜戦カットイン艦を多数増やさないとイベボスに歯が立たないって事でした。難易度が一つ二つあがると、もうアカン。んでカットインが発生しやすいのは、自分の理解だと運のよい船が起きやすくて、運をあげるには「まるゆ」という簡易潜水艦みたいな艦娘が必要で、それは潜水艦レシピで運があればつくれるのですが・・・ええっと鉄鋼が結構必要なのですよ、確か。現行だと効率よく鉄を集める遠征は三時間弱のものが二つ。回数で稼ぐようなものではない。あとは戦艦級の艦娘を解体すると結構手に入りますが、これも運。

 ところが大和の改装で大変強力な攻撃を大和武蔵を並べると行えるようになりまして、それはいいけれど世界最大級の戦艦二隻です。破損すると修復に必要な鋼鉄の量が、ガガガガ・・・通常の戦艦の三倍はかかると思って間違いない。そうなると鉄の備蓄が減る減る・・・資源備蓄キャップが三十五万なのですが、その上限付近をキープしたい人なので・・・次のイベントまでにそれだけ貯められるかなぁ?十万ぐらいなんですけれども・・・まぁ自分のイベントは終わったので地道にコツコツ貯め続けるしかないですよね・・・

昨日書き忘れているものが

 これを書き忘れてました。

 

 アニメ化するんですってねー・・・希望は、脚本と画質は原作順守で。そして演出が達者な人がスタッフに入って欲しいです。はい。それが全て~。

 魔族との関わりがこの漫画の大きな筋になっていると思うのですが、今回登場した魔族は一筋縄ではいかないのは勿論の事、意志疎通がなされているように見て、実はされていないってところがミソみたいな。フリーレンすらも『勝てない』と即答するほど。魔族には『悪意』が存在しない。何故なら人間を捕食するのは彼らにとって悪い事ではさらさらなく、人間を騙すとかも獲物を捕獲する手段に過ぎないのだから。しかしその『悪意』に興味を持った魔族がかつて一国と契約した。『悪意』とは一体なんなのか。それへの答えがカギになっているみたいです。次巻も楽しみです。

 んで本来の文章系本の感想。

 

 中世において寺社仏閣は尊崇の対象であると同時に数多くの荘園を抱える領主であり、政治的な要求を宗教を絡めて達成しようとする政治勢力でもありました。政治勢力である事を選択すれば、まぁ自力での存続を模索し戦わなければならず(中世とはそういう時代ですが)、そうなれば自らが紛争の当事者となり、表題のような事になると。

 比叡山焼き討ちと言えば織田信長が有名ですけれども、彼以前にも延暦寺は焼き討ちにあっているのね。足利義教にやられたのは知っているけど、それ以前にも、それ以後にも結構やられたりしている。そして延暦寺大衆が他の寺社を焼き討ちするという事も。つまり被害者であったり加害者であったり・・・まぁ政治勢力となる、という事はそういう事です。良くも悪くもない。

 この本では、そういう事を仕掛ける理由とか心象とかそういうものに迫っています。むやみやたらと全焼させる事はなく、生活空間である僧房など燃やしても仕方ない。本尊こそがその寺社の中核であるから、これを焼け!!って坊さん自身が言っているようです。つまり礼拝の対象は本尊たる仏像とそれを収める本堂、金堂であるという認識で、だからかな。平家に焼け落とされた東大寺大仏。この大仏像だけが再興された時に、とっとと開眼供養して東大寺再興を宣言したみたいな雰囲気になっているのは、大仏こそが東大寺の中核であり核心であるという表明、とも言える訳ですよね。

 千文字こえたけど、も一つ。

 

 だいたい六位の位階を持つ人々の事です。五位になると中級貴族。そんなイメージ。古代の日本ってこの位階による区別が厳格なのですが、転落、上昇は血筋が絶対かというとそんな事はなく才覚・・・まぁ端的に言えばお金儲けの才能があれば上昇する範囲は狭くとも不可ではなかったという。そんなお金儲けしちゃう職業の人々を寓話?物語として紹介している本が種本のお話。

 これも平安TRPGのネタ本として使えるんぢゃないかしら??庶民よりちょっとだけ身分が上の、裕福な人って敵役にできそうぢゃない?

溜まっている

 読んだ本も買い置きの本も溜まっているのです。借りた本は順調にこなしておりますが(そうぢゃないと返却できないぢゃん

 んでまぁ読みやすい漫画からこなしているので、今日はそっちの日という事で。

 

 人さまのやっている事を自分になぞらえると、なんとなーく理解した気分になるのですが、森さんという方は、本当に、描くことが好きで好きで好きでたまらぬ方なんだよなーっと、この『落書き』集大成を眺めていると、そう思います。手すさびに描いているものが落書きレベルぢゃない。ちなみにあたしゃ文章を書くのは好きですが、出来はお察しです。この日記を読んでいるエア読者の方ならお判りでしょうが(あ

 どうなんでしょうね。こういうタッチの絵を何か物語的に生かせる方策はないもんなんですかね?三巻目を眺めながら、そんな事をいつも思ったりしたりします。味わいがある・・・

 

 やまむらはじめ、という著者の方、お名前と絵柄だけは存じていました。手は出さなかったけど(あ

 でも今回の作品は自分としてはとっつきやすい・・・いや、『あの』エダが主人公のスピンオフでしょ?買いますわな、はい。

 さて、やまむらさんの漫画を初めて読みまして、あ、この方園田健一さんの影響を受けている人ぢゃね?とか感覚的に感じたり。だとしたらガンアクションとかはいいって事ですよね?まぁ期待通りでにやにやしていますけれども。気になったのは冒頭の、つまりロアナプラにすっかり馴染んでしまっているエダが町の雑踏で見かけた人物が誰なのか、さっぱり解らなかったって事ですかね。その話の持っていきようでは本編とリンクさせる事もできるのかしら?とも思ったり。

 楽しみが増えました。

 

 相変わらずホラーコメディですね。たぶんこれ、ネタが続く限り『サザエさん』みたく続くのかなぁ。クスッと笑えるから買い続けている。特にあの格好だけのガンマンとかが出てくると、本編では絶対単独で出てこないネタ枠だけに、「ああ、君も相変わらず元気なんだねぇ。安心したよ」という気分になるのがなんとも。ネタ枠が主人公になるのが楽しくて仕方ないです。はい。