pomtaの日記

だいたい読書感想か映画感想です。たぶん。

ハリウッド映画は

 飲酒しながら見る事ができるものですね。三連休で録画しておいた三作品を飲酒しながら見ました。全部想定内。全部予想通り。この人、死ぬな。と思ったらお亡くなりになるし、この人、黒幕だろ。と思ったらその通りだし。そっか、何も考えずに見れる『お約束』物語は、平準的に誰からも楽しまれる作品なのかなぁ、とぼんやり思いました。自分も好きだしね。

 それが以下の三作品。

 

イコライザー (字幕版)

イコライザー (字幕版)

 
イコライザー2 (字幕版)

イコライザー2 (字幕版)

 

  ハリウッド版『必殺仕事人』みたいな?一作目はロシア・マフィア、二作目はテロリストかな?と見せかけて・・・という展開。主人公の親友(CIAの分析官っぽい)人が殺されてしまったら、もう犯人はアレしかないぢゃん的なお話ですが・・・制作者側としては続編つくりたい雰囲気なんですけど、主人公に情報をくれる方がグッバイしてしまったから、どーなるの?とはいえ二作目は去年公開映画で、先は解りませんがネ。

 

  もはやこのタイトルはトム・クルーズのものですね、はい。正体不明のアナーキーテロリストが実は・・・という話でしたが、はい、お察しのとおりです。これが一番ローコストで悪事ができますからね。というか、しまった。イコライザー2と同じような話の流れだったので意外性がなかった。

 そして見ている最中に思い出すのは、トム・クルーズが「俳優とは過酷な稼業だ」と言っていた話。・・・ご、ご苦労様です。

 あと、休み中に三好長慶の年譜を起こしていて思ったのは、この人、十一歳で父親を主筋に殺されていて、翌年には主君と本願寺の和睦調停を行っているんですよね。もちろん十二歳の少年にできる筈がないので、周囲がお膳立てしているのですが、それにしても・・・

 それから松永久秀三好長慶配下となって署名した文書を残しているのは、長慶十九歳の頃。という事は、ハイティーンで松永久秀を見いだしたという事になります。年の差は十五歳ぐらい。松永久秀の方が当然上です。年上の配下を見いだし、そして松永久秀三好長慶生前は最大の協力者というか、出世頭というか、という関係になります。なんかワクワクするのはオイラだけでしょうか?

 ちょっとだるくなったからストップしていますが、三好長慶って以外に若くして活動を開始し、比較的若く亡くなっているいるのですよね。そこんとこが松永久秀の『悪名』につながるのかなぁ。なんかワクワクしてしまうですよ。

約束通り

 誰も約束などしていませんが、昨日書いていたものと、それから映画を二本、流し見的に見てみました。

 

応天の門 11 (BUNCH COMICS)

応天の門 11 (BUNCH COMICS)

 

  文徳源氏って聞いた事あるけど、誰かいたっけ?まぁwikiで調べても出てこない気がするけど。道真くんも変な知り合いができましたね。そしてなんやらご自身に嫌疑がかかる事になりました。そしてその無実を立証する事ができない。検非違使の下役人は犯人を見いだせばいいので、弁明など聞く耳持たず埒が明かない。

 そして思わせぶりな藤原基経くんがラストに。まぁ道真に助け船出すのは基経君ですよ、たぶん。

 次巻はどうなりますかねぇ。

 

空気人形 [Blu-ray]

空気人形 [Blu-ray]

 

 

 

  日本映画はあんまり見ないのです。その湿っぽさが苦手で。ただ樹木希林さんの遺作とも言える『万引き家族』にはちょっと興味があったのです。あと『空気人形』も公開された時、心惹かれたものがあったのですが、結局見ていなかったので、是枝監督作品特集をWOWOWがやってくれたので録画してみました。んで、途中飛ばしながら見ました。これは酒を飲みながら見る作品では無かろうと。

 この二作品を見る限り是枝監督作品は、優しい者、弱い者に迫る冷徹な現実、って印象があります。『空気人形』は性的な欲求を解消する為だけの、いわゆるダッチワイフがある日突然心を宿し、戸惑いながら、好奇心の赴くまま人々と接し、心を持たない方が良かった、と、心があって良かった、との間に揺れ動くお話です。最後は好きな相手と結ばれる・・・みたいなんですが無知の衝動でお相手を・・・な感じで、ある意味容赦ないなーっと。あ、そういうの好きなんです。

 この『空気人形』役が何故韓国の女優さんを起用したのかなぁ、と思っていたのですが、容姿や雰囲気だけでなく、日本人とはほんの少し異なる『違和感』が、ヒトとは違う『空気人形』感を得る為に必要だったのだなぁ、と思います。可愛いけど、表情によっては醜悪に見えたりする、そんなところが好きです。

 『万引き家族』は・・・ははー、なるほど。そういう事かぁ、と。wikiにも、『家族』は実は全て他人だったと書いてあったので、書いてもいいのか。お父さん役の男は日雇いで小心もので、卑怯で、でも優しくて、優しくて。お母さん役の女はクリーニング工場で働いていて、キツイけど、涙脆くて優しくて、優しくて。別れた夫(故人)の家族から慰謝料を未だにもらっていたり、年金生活で、一人暮らしと見せかけて『家族』を住まわせているお婆さん。家出少女、捨て子、非虐待児・・・全員が弱くて、底辺で、支え合って生きていて、一つの歯車の崩壊でばらばらになり、そして・・・誘拐の罪で捕まった『母親』に婦警が言うのですよ、「そんなに母親になりたかったのか?」って。そういう問題じゃない。そういう問題じゃないけれども、安藤サクラさんの演技が、なんか、良かったんですよ。説明できない。

 はぁ。今夜は酒を飲んで見れるアクション系のハリウッド映画を見まする。考えたり感じたりするのが深い作品では、オイラ酒が飲めないので。

 

マンガは購入したけれど

 『ギリシア人の物語』を優先して読んでいる為、読了したのは・・・あるけど、惰性で読んでいるものなので、ねぇ。あ、『応天の門』は半分ぐらい読みました。藤原基経と高子兄妹が仲悪そうです。でも性格的に史実は逆じゃないかと思ったりするのですよ。陽性な基経、女らしく陰にこもった嫌がらせをする高子っていうのが史実エピソードに対するアタクシのイメージ・・・ん?意外に高子も真っ正面から主張するタイプかも知れませんね。でなければ折角の甥天皇である陽成を『もの狂い』にして退位させる事はないかも。

 高子が気が強くて、陽成天皇に対する影響力が基経よりも大きいから、基経は陽成天皇を諦めたらしい、という話を読んでから、そんな気がします。

 さて、昨日はオクトーバーフェストの偵察をしてきました。んが、終了一時間半前だったので思う存分とはいきませんでした。21:00回るとSTAFFの皆さんが、満面の笑みと『はよ帰れ』オーラを発しながら「ゴミはありませんか?」と尋ねてきます。・・・まだ食い物が残っているのに・・・

 まぁね、会場スタッフとしては早く撤収したいですからね。理解しますよ。自分も立場同じならそうするし。やっぱりオクトーバーフェストは早い時間から始めてしまうのが吉ですネ。

 その後、やっぱり少しもの足らなかったのでドライジン推しのBarへ。ドライジンは解りやすくて美味しいなぁ。ウィスキーとかは違いが微妙なので、アイラもの以外旨すぎて区別がつかないし。

 んでジンを飲む前に食後の薬を飲んだせいか、今日は一日眠たかったです。あ、いつもの事ですネ、はい。

オクトーバーフェストの偵察

 今夜は偵察です。たぶん滞在時間は一時間ほどになるだろうし。サバ食うどー(たぶん

 密林で評価が散々だった『水曜どうでしょう』のDVDを見ました。映像作品自体の評価ではなく、正規の売り手ではないとか、コピー商品だ、とか、そんな評価で自分も「騙された?」と思ったのですが、映像自体はそれほど低質ではなかったですよ。

 

  毎週、北海道テレビさんの深夜枠で放映されていた時の、最終シリーズの様子をDVD化したものです。この番組、タレント二人とディレクター二人(うち一人はカメラマン)で毎回、たわけな企画の無茶な旅をするというものでして、番組開始当初はアルバイトであった大泉洋さんを除く三人が仕掛けて、ロケ当日に大泉さんに知らせるドッキリみたいなもの。

 この最終シリーズではタイトルどおり原付バイクでベトナム縦断1800キロを行くという過酷なもの。十七年前のベトナムです。インフラは整っていません。国道一号線だって未舗装のところがいっぱいです。カブが、原付バイクが国民の足である為、ものすごい数のカブが走っています。信号とか無視して。

 そしてベトナムは日本に比べれば南国ですが、雨季の豪雨とかきたら、ヒドイですよ。標高1500mの避暑地は文字通り寒いですよ。そして晴天で安心していると、猛暑で死にますよ。過酷な旅ですよ。

 レギュラーとしては最終シリーズという訳で、出演者とかそれでも感無量で、そして収録が終わったら二日間余裕を見ているからベトナムでバカンスだぁ、と言っていましたが、あたしゃYouTubeから見始めたから、そして毎年のように北海道テレビさんは『水曜どうでしょう』絡みで企画を立てたり、条件が合えばやっぱり旅をしたりしているようなので、ちっとも終わるという感じではなく、むしろ始まりって感じなんですよね。

 素人臭い番組で、ちゃんとしたバラエティをこさえている人からすると噴飯ものなのかも知れませんが、あたしゃそもそもTVとかあんまり見ないので、こういうのも好きです。そしてTRPGのダークデイズドライブで、『水曜どうでしょう』みたいな事をやりたくて、言いたくてたまりません。大泉さんの物まねで「藤村くーん。君の肉親に、おみまいしていくぞぉ」とか言いたいなぁ。まぁ似ているかどうかは知らんけど。

 でも、ちょっとペース配分間違えると翌日がつらい。二夜に分けて見ましたが、昨夜の最後の十数分は寝落ちしていたし、今朝出かける時は大事なものを忘れて午前中暇な事をいいことに自宅に取りに行ったし(本来は十年ぶりぐらいに眼鏡を作り替えるつもりでした)、明日は雨か。ちょっとキツイなぁ。

図書館には行きましたが

 今回は六冊中四冊までが再読本です。いや本棚に『ギリシア人の物語』全三巻が並んでいる、壮観な姿を眺めたら、そりゃ一気に全巻読みたくなりますよ。文庫本化しないかぎりは滅多に見られない光景だし。

 後ですね、ちょっと三好長慶の生涯をモチーフにして、でも女性キャラを主人公にした話を思いつきましてね。たぶん設定だけ考えれば気が済むと思うのですよ。だからその為に『三好長慶』の評伝を借りました。主な目当ては巻末の年表です。う、この人、四十三歳でお亡くなりになっていたんだっけ。解っていたけど、ちょっと切ない。彼の兄弟も現代感覚なら早死にだしな。一人息子も二十二歳で亡くなっているし・・・なんか、こう、気丈な、自制心の強い女性が私的空間でのみ崩れるって姿に心惹かれませんか?惹かれませんか。私は惹かれてしまうのですよ~。

 まぁ、小説までにするかどうかは知りませんけど(他人事かよ

 さて見終わったもの。

 

  演出とか好きでした。主人公のヘタレっぷり(性的なとことか、戦闘とか、色々な点)も好きでした。しかし原作を読むかというと・・・どうだろう?巨乳の委員長ちゃんの献身ぶりを見る限り、お前らくっついちゃえよ、とか思うのですが、Wikiでシリーズ全体を見ると、せんじようがはらって誰だよ?という感じに。

 あと、wikiの記事をざらっと読む限り、週刊少年漫画に連載されているみたいな構成だなぁ、と。女の子がたくさんでてきて、何時打ち切りになっても大丈夫な展開。クレバーな構成。でも・・・うーむ・・・。このシリーズは文庫化されていませんよね?化物語って。自分の場合、よほど気に入らないと単行本小説は買わないので、現行は買わないだろうなぁ。文庫化されたら買うかもですが。ロード・エルメロイ二世の事件簿も同人冊子では購入しなかったしナ。

眠い、眠い

 この手のタイトルは何度も使っています。つまり眠いは自分にとってはデフォ(こら

 土曜日はクラフトビールの店に、日曜日はプライヴェートで自分の深淵第二版シナリオ『蒼白き乙女』を回させてもらいました。このシナリオは『怪獣大戦争』であり、『PvP』であり、『誰かは死ぬ』というヒドイシナリオなのですが、しかしハンドアウトに書かれたことは裏も表も強要する気は毛頭ないので、全員生還エンドも、やろうと思えばできます。ただし、場慣れしていないと、妥協や折り合いをしないと不可能という点はあります。思いやりの精神があれば、生還できる気もするのですが、まぁ日曜日は初心者の方もいらしたし、順当にPvPでお二人グッバイなエンドでした。覚悟されていたからヨカッタといえるのかしらん。

 んで読み終わったもの。

 

ヒッキーヒッキーシェイク (ハヤカワ文庫JA)
 

  煽り文句で手に取りました。優しい小説だと思います。易しいぢゃないです。世間というか、社会というものに適応できず引きこもりになってしまった人々が、その人なりの生き方を見つけ出し、プロジェクトを完成させていく、みたいな?

 幻〇舎とトラブルがあってこの文庫版はハヤカワから出ています。何があったか知りませんが、作品と著者の人格は別物だし、心温まる小説だと思いました。文庫版が世に出てヨカッタです。

 

室町幕府全将軍・管領列伝 (星海社新書)

室町幕府全将軍・管領列伝 (星海社新書)

 

  気にはなっていましたが買うのはなぁと思っていた本です。こういう辞典的な本はちょっと・・・でも、足利義満から義政期の管領について知りたいなぁと思っていたので、そしてその時期に管領職についた人物たちは、単独で評伝が起こされそうなのは細川頼之斯波義将ぐらいで、後はあんまり有名ではない人たちなので。とはいえ畠山満家とかは『万人恐怖』の足利義教をコントロールできていた人物だし、三管領と言われる管領に付くべき家柄である畠山氏は、一度足利義詮期に没落して、明徳の乱ぐらいから再浮上した家なので、その辺りのエピソードも知れたので良かったです。

 明日は『傷物語』の映画の事を書きます。見終わったから。今書いてもいいけど、自重するですよ。明日書く事がなくなるかも知れないから(あ

何か読み終えられたのですよ

 以前、この方の書いた『武田氏滅亡』や『天正壬午の乱』が刺激的だったので、図書館にあるのを借りてみました。

 

戦国大名と国衆 (角川選書)

戦国大名と国衆 (角川選書)

 

  端的に言えば、戦国大名というものを想像するのに、アメリカと同盟諸国、旧ソ連と東側諸国と関係が似ている気がします。圧倒的な一強がその他の国と相互防衛条約を結ぶとか、NATOワルシャワ条約機構みたいな同盟軍みたいなもの。

 大名家は国衆の存立を保護、支援するが、国衆は軍役や課役などの義務を負う。

 存在としての国衆は一万石前後以下の戦国大名と言っていいもので、国衆の領土も『領』といったり『国』と言ったりするようです。

 例としてあげられているのが武田家のケースで、確かに長篠合戦で大敗しても滅亡しなかった(立て直す事ができた)武田家が、籠城中の国衆を見捨てた(実態としては織田家との和平で救出しようと試みたが、足元見られて、交渉引き延ばしされている間に失陥、全滅してしまった)高天神城の件で武田家の安全保障機構は信用がた落ちになり、木曾義昌の裏切りに端を発する織田家、徳川家、北条家の三方向からの侵攻に国衆はドミノ倒しのように靡き、しかけた信長すら驚くほどの脆さで滅亡していきます。

 しかし国衆たちの試練は始まったばかり、本能寺の変織田家勢力が旧武田領国から後退すると、その合間を縫って徳川、北条、上杉の争奪戦が。そしてそれが一息つくと、今度は織田政権の覇権を巡って羽柴秀吉織田信雄徳川家康の争いが始まると、羽柴方の調略によって信濃国衆たちの羽柴方、徳川方に別れたサバイバルが始まり、結局、徳川が羽柴に屈服して、いわゆる『豊臣政権』に包摂された時に、国衆は十万石以上の大名や、十万石未満の『小名』、つまり国衆よりも遙かに大きな権力体に吸収されるか、没落していくか、の運命を辿ります。

 荘園領主下請けだった『国人領主』が、その親請け支配を振り払い、自立的に領地支配を展開したのが『国衆』でした。その自立が否定された時、国衆も消滅していくのだと、そういう事です。

 歴史用語の解説にまるまる一冊使用したみたい本です。面白いですよネ。