pomtaの日記

だいたい読書感想か映画感想です。たぶん。

今、迷ってます

 来年のNHK大河ドラマ。時期的には好きなんですけれども、明智光秀が主人公で、という事は『革新』『暴君』というテンプレ信長が出てくるかも知れないんでしょ?あとは明智君が信長に謀反した理由とかで、納得がいかないと時間返せ、とか思えてくるし。

 とはいえ脚本を書かれる方は最新の研究結果を反映させる、とおっしゃっています。そういえばこの方、大河ドラマ太平記』の脚本を書かれた方で、同時代の言葉遣いを重視し、その時点で判明した研究成果を脚本に反映されていた方なんですよね。少し期待もするのですが・・・信長は秩序を重んじ、世論を重視するタイプで書いてくれるかも知れないけれど、明智光秀足軽出身とか書かなさそう。絶対土岐の明智家出身とか書くよな。大河ドラマはご当地起こしを担っているから。

 そして本能寺の変明智光秀の絶望から起こされた説が好きなアタクシとしては、その説は別に主流になっている訳ではなく、数ある推測の一つに過ぎないので、どーなるか解らないしネ。

 ううう、どーするべよ。

 ま、そんな来年の事はさておき(実は今年の大河も見ておいた方が良かったかな?と今頃思ったりしています)その明智光秀の絶望を唱えた方の著作です。

 

織田家臣団の系図 (角川新書)

織田家臣団の系図 (角川新書)

 

  ご本人は前著『織田家臣団の謎』の後編みたいなつもりで、つまり織田家臣団の婚姻関係の関わり合いを説明する為に、この本を企画なすったそうですが、編集者が「大河ドラマが信長あたりをやるタイミングで出しましょう」と宣い、んぢゃ当分ないなぁ、と考えていたら来年の明智光秀でしょう。ご本人的にはキタキター!!だったみたいです。

 今回改めて思ったのは柴田勝家佐久間信盛らは尾張の領主階級でそれなりの動員能力がある家臣たち、羽柴秀吉丹羽長秀前田利家滝川一益佐々成政らは一騎駆けの小身出身の家臣で信長の与えた扶持により収入を補償され、柴田勝家佐久間信盛らに比べると信長への依存度、つまり忠誠心が高かったと。そして相対的に信長によって追放された者は、自立度が高い領主階級出身の武将が多かったみたいです。

 あと滝川一益は前田家や池田家と親戚で、そして柴田勝家の妹婿だったらしく、近江ではなく本人は尾張出身ではないか?という疑問が。

 しかし細々とした事が系図やら古文書を見比べて、偽作、捏造を除きながら書いておいでなので、ちょっとややこしいです。でも意外な人物が意外なつながりがあったり、意外に織田家臣が徳川家に仕えて江戸時代を生き抜いたりしたりしていて、結構面白いです。

 さて読み終わった本もなく、たぶん映画は明日の晩に見る事になるでしょう。明日の日記はどーなるんですかねー。漫画の新刊が買えたらいいけれど・・・

本を返却するものですから

 手元にないと内容が確認できないぢゃないですか。だから久々に平日朝に書いています。でも、ま、見栄えからこっちが先ですが。

 

  うっは。また時系列が前後してしまった。『キャプテン・アメリカ』のシビル・ウォーはこの作品を見た後に見ればよかった。仕方ないけど。そういえば「インフィニティ・ウォー」を先に見てるしな。次には見るけどね。

 つくづく時系列に並べて、順番に見ないとダメだな、と。一覧表つくって、順番に円盤を買うかな?そんな事を思わずにいられない作品でした。はい。

 

前田利家・利長: 創られた「加賀百万石」伝説 (中世から近世へ)

前田利家・利長: 創られた「加賀百万石」伝説 (中世から近世へ)

 

  幕藩体制を生き延びた大名家は記録が豊富に残るのですが、残り過ぎるのも困るもので、特に支配体制の安定化を狙い、藩祖を褒めたたえる為にエピソードを捏造する事すら江戸中期以降は行われてしまうので、それが本当にあった事なのか、どうかのかを確認する作業が大変見たいです。

 この前田家もそうで色々あるようです。自分的に解った事は、前田利家豊臣秀長死後重用される、また賤ケ岳の戦いで敗戦側でありながら許されただけでなく加増までされた理由は、利家の娘が秀吉の養女になっており、また利家嫡男利長が織田信長の婿になっていた事で、当時織田政権内で主導権を確立しようとしていた秀吉は、織田家縁者の与党を増やしたがっていたようです。のちに利家娘が秀吉側室になっており、ここに利家は秀吉にとって義父にもなるという立場に。

 徳川家康が実績、年齢にプラスして秀吉妹婿である事を理由に政権で重要視されたのと同じ理屈ですね。そうなると、やはり婚姻、血縁の親疎が重視されているとも言えます。

 また上杉討伐に先立つ『加賀討伐』というエピソードも捏造らしく、元ネタは利家死後に国元に下がった利長を上洛させないため、つまり当時大坂で進行していた家康クーデターの邪魔をさせない為に越前を封鎖させたことがきっかけで、その後の話し合いで利長は利家以来の『大老』の地位を放棄し徳川につく事を決定。そのあたりの外聞が悪かったのか、行き違いで敵対したけど仲直りした、というエピソードに変えたようです。前田、徳川、双方が敵対していたというよりも幕藩体制以前より仲良しだよ~をアピールしたかったようですね。

 何にせよ、前田利家父子だけでなく、まだまだ織豊期の大名、武将たちの研究は先入観があって進んでいない様子。これから進展していくといいなぁ、思いますよ。

全て台風のせい

 はい。10/13の幻想TRPGさんで立卓予定でした、拙卓のシノビガミ。二名のPL参加予定の方々が、前日午後十一時に会場にたどり着けない事が判明したらしく、アタクシの元には午後十一時十八分頃に「卓が中止になったので、カードランカーはいってくんない?」というメールが。あ、意訳です。もっと原文は丁寧でしたよ?

 一瞬ぽかーん、となりましたが、まぁ台風のせいなんだと、直ぐに察しました。それ以外ないよな。おかげで下手をしたら七年ぶりぐらいにカードランカーのPLができました・・・できましたが、データゲーですね。素人は玄人の方の喋っている事が理解できませんでした。しかしいつも黒いRPしかしないアタクシ。それよりも黒い方がいて、しかも幼気な小学生を演じてしまったので、白く演じる他なく・・・ああ、なんだろう?ソウルカードの販売を一手に牛耳っている某社が、悪意の権化みたいに見える・・・ああ・・・アタクシも修行が足らないなぁ。どんな環境だろうと黒くならなきゃ(マテ

 はい。次回の幻想さんにリベンジ申し込みはしました。シノビガミ「天国への扉」よろしくお願いいたします。

 日曜日は名古屋コミティアでしたが、雨にも関わらず入場制限されていましたね。なんか人気のサークルさんが参加されていたようですよ?まぁあたしゃ、設営と撤収というエクササイズをやりに行っているようなもんなんですけども(あ

 そして来年の秋には名古屋国際会議場内でニ会場借りて行う試みだそうで、指示だしする人が大変そうだなぁ(棒読み

 ま、来年の話ですしネ。

 さて、いつの間にやら終わった、賛否両論吹きまくった今回の「あいちトリエンナーレ」ですけれども、アタクシにとっては第一回が一番面白く、後はだ・・・いや、いやいやいや・・・みたいなところがあったのですが、今回の『表現の不自由展』、物議を醸したという事では成功なのでしょう。しかし、脅迫や批難を浴びて展示を中止する判断をした点がいただけない。開催は愛知県、愛知県警に警護と捜査を大きな顔で依頼できるスポンサーぢゃないの?それに批難を受けて引っ込めたり、入場制限する方が後ろめたさを感じているんぢゃないの?あと補助金うんぬんも、人からお金をもらって作品つくるなら、スポンサーにおもねざるを得なくなるのは当然で、自分自身の表現にこだわるなら自費でつくればいいだけだぜ、と思うのですがね。つまり県が主催で展示を可としたならば、開催期間中は県がそれを補償すべきでしょうに。国から金が出ない事で困るなら、そんな展示をしなけりゃよろしい。

 日本には言論の自由憲法で保障されているそうです(そうだとはあんまり思わないけど。空気読めない奴は黙れみたいなとこ、あんぢゃん)。だから何を表現するかは自由なのでしょう。そしてそれを見て不快、不愉快になるのも自由ぢゃないですか。展示を一時的にでも中止する判断をした方は、責任者として失格なんぢゃないですかね?とか思いました。

 ま、第二回からの「あいちトリエンナーレ」には興味がわかない外野なので、どうでもいい意見かも知れませんけどね。

 あ、本の感想は明日書きマス・・・

飲み過ぎアカン

 昨夜は止せばいいのに、白葡萄酒を一本半ほど飲んでしまい、寝落ち。気がついたら朝五時になっていて、慌ててテレビの電源を落とし(画面は消えていたので、どうやらもう寝ようとしたところで落ちたらしい)、一時間も寝れないけれど横たわっていようと布団へ。当然つらい一日でした。そういう事は休みの前日にしなきゃダメでしょうに、もう。

 ま、そんな感じで見ていた映画はコレ。

 

アベンジャーズ (字幕版)
 

 

  時系列順に見ないと混乱するなぁ。この作品はロキが敵役を地球に誘導する話で、自分の中ではロキはソーと和解したけど、アスガルド滅亡してしまったところまで見ているので、ちょっと混乱が。

 あと、ハンクがこんなに人間形態のまま映画に出ている姿見たの初めてかも。ハンクが主人公の映画は見ていないので。

 こりゃいよいよ時系列順に作品を見ないと混乱しますね。寝オチしなければ今夜はアベンジャーズのエイジ・オブ・ウルトロンを見ようかな。

 

 

 あ、画像が出ない。志村貴子さんの新刊『おとなになっても』の一巻です。百合の話とは知らず、そして大人の百合関係なので初っぱなから波乱含みで夢や希望は見えません。行きずりみたいな感じで関係して、え、片方は既婚者?そして素直になるって夫に関係を告げて・・・ええ!!も、泥沼な展開しか見えない。前作の「こいいじ」は、がんばれ!!って応援したくなる気持ちもあったけど、今作は・・・ど、どーすればいいのでしょう?

 ま、こういう展開が興味深くて、購入してしまうんですよ、はい。

今日は文章の日

 昨夜は眠たくて眠たくて、午後10時過ぎに床につきました。とはいえ、その後読書してしまったので就寝したのは午後11時過ぎぐらいなんですけど。父親が飲みに行ったので今日は飲みます。白葡萄酒です。母親に飲まれる分を考えると・・・二本・・・いやムリだな。なので一本は開けた後、栓ができるものにしておきます(飲む気

 さて読み終わったもの。

 

オーブランの少女 (創元推理文庫)

オーブランの少女 (創元推理文庫)

 

  あ、表紙が購入したものと違う。と思ったらナゼか二重に。つまり表紙カバーが二つ重なっていまして、外側は「カオミン」という方のどちらかというと漫画系のイラスト。内側は「牧野千穂」という方の絵画系のイラストになっています。どちらもいいのですが。

 短編集です。表題の作品の他、ほぼ全て少女が主人公になっています。煽りは「怖く哀しく、愛らしい、絶望的な少女たちの短編集」ですが、そこまででもないよ?と茶々を入れます。ホラーぢゃないし。登場人物全てが不幸になる訳ではないし、幸せを勝ち取った、と思っても後日譚的な物語で・・・な感じになったり。煽り文句のようには、一筋縄ではいかないところが好みです。特に好きなのは「大雨とトマト」ですかねぇ。なんか読後に、にやにやしてしまいました。自分がこういう表現をするのは、最後の最後で意表をついてくる物語を読んだ時でして・・・ええ、読んでみて下さい。ホラーぢゃないですから。

 

しゃぼん

しゃぼん

 

 

  あ、文庫版は集英社なんですね。借りて読んだのでソフトカバー版です。表紙はこの絵。女性目線の性的なエピソードといっていいのかな。呆れるようで、痛々しくて、微笑ましくて、何だか「仕方が無い女たちやなぁ」とか呟いてしまいそうな短編集ですね。あ、名古屋が舞台ぢゃないですよ、念の為。

 どうにも吉川トリコさん描く「どうしようもない女」にアタクシは弱いようです。自分が一番好きなアニメの女性キャラは「カウボーイビバップ」のフェイ・ヴァレンタインなんですが、この女もどうしようもない奴ですね。ここまでどうしようもないのに、最終回で、ああーんな顔されたら、もー!もー!もー!ってな女です。そういうタイプの女性?少女たちの物語・・・みたいに思えました。ああ、危険だぜー。

今日は漫画ね

 感想は書く前に『水曜どうでしょう』絡みで一言。鈴井貴之さんは俳優ですねぇ。いや、昨日ヨーロッパ・リベンジの後半を見ていて小ネタというか暇つぶしというか「フィヨルドの恋」というドラマみたいなもののメイキングを見ていたら、笑いながら展開、演出を離しているのに、カメラカウントが入った瞬間にスイッチが入ったかのように表情、雰囲気が変わるのを見て、なるほど、プロとはこういうものなんだなぁ、と感心しました。素人が感心したって、どって事ない話ですが。『ダメ人間』なだけではないですねぇ(失礼

 んで読み終わったもの。

 

  終わりが近いかなぁ、と予測していたのですが、うーむ、なんかこのデウス・マキナは解決にならん気がしてきた。エマはまた何か、とんでもない事を思いついて、ひっくり返すのではないか、と。違うかなぁ・・・本棚をそろそろ圧迫し始めているので、そろそろ大団円を迎えて欲しいのですがね。どーなんだろ?

 

  題名長い!!あ、映っていないかもしれないな。ま、いいか。『復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる』というライトノベルの漫画版です。自分、こういう題名が長いものは敬遠するのですが(なんか言い訳じみている気がして)、漫画化を担っている漫画家さんを応援する意味でも買っています。いや、ギャグ系入った少女漫画?みたいで面白いですよ。

 ただ昨今の漫画出版事情って、部数減っているのにやたら種類が増えてしまって、とにかく自らヒット作を発掘する能力に自信がないから、売れた実績のあるコンテンツの漫画化しときゃあ、ええやろ。電子書籍なら経費は(そんなに)かからない筈。みたいな意識が見えまして、自分が欲しい漫画を毎月チェックするのも大変になってきました。正直勘弁してくれ。

 この作品もその手のものか、と思っています。作品自体は面白いです。でも著者のあきさんの別の作品『アルオスメンテ』が好きでして、どうにか復活、継続してくれんかと、援護射撃の為に買っている事も事実です。いや、この作品も面白いですよ。明るくて楽しくて、戦争とか陰謀とか出てくるけど、まだ陽性反応だし。

 でも『アルオスメンテ』の陰鬱な感じも好きなんですよねー・・・ケリつけて下さいよほんと。

 それとは別に、この二作品を読んでいて思いました。主人公は「バカ属性」をつけている方が強い。いや、なんとなく。そしてこの二作品とも主人公には「バカ属性」がついてます。バカではありません。「バカ属性」です。この違いはなかなか説明しづらいなぁ。でも「バカ属性」がついた物語の方が明るい気はします。深刻なバカはいない・・・と思う。

読み終わった本も多いです

 昨夜『水曜どうでしょう』ヨーロッパ・リベンジの前半四話分を見ていて思ったのですが、この番組『ダメ人間』鈴井貴之さんのどうしようもない(思いつきだけ)の企画にD陣が乗っかったり、押し切られたりして、大泉洋さんを騙したり、すかしたりして、ぼやかせながら運営していた事に、ようやく気がつきました。そうぢゃないかなーっとは思っていたのですが改めて、北欧四カ国を巡る旅をパリ凱旋門から開始する必然性も、それからドイツのメルヘン街道に行く必要性も、言ってしまえばなく、ただ移動して距離を稼ぐために、食事を犠牲にして移動しているのですから、これはもう鈴井貴之さんの「やりたい」に周囲が乗っかっていくのが基本形なんだと。だから鈴井さんは『ミスターどうでしょう』なんだと。

 正直、タレントとしては大泉さんが方が面白いもんな(あ

 まぁそういう事が解った上で、全然関係ない本の感想です。

 

グッモーエビアン! (新潮文庫)

グッモーエビアン! (新潮文庫)

 

  観念して古本で購入しました。本の価格より送料が、というよりもほとんど送料という感じでしたが、そんなに人気ないの?

 確かに映画版とは設定が同じだけで物語は違うのですが(物語のスマートさは映画の方が上)、しかし面白さから言うと、原作小説の方が断然上です。特に自分が名古屋の人間だからかも知れませんが、今時使うかな?という名古屋弁すらニヤニヤ。そして面倒臭い登場人物たちにもニヤニヤ。特にラストは映画よりも原作の方がいいです。はい。なんで人気ないのかな?不思議です。

 

今川氏親と伊勢宗瑞:戦国大名誕生の条件 (中世から近世へ)

今川氏親と伊勢宗瑞:戦国大名誕生の条件 (中世から近世へ)

 

  ゆうきまさみさんの『新九郎、奔る!』を念頭に置いて読んでいるので、あ、ここを漫画化するの大変だなぁ、どうするのかなぁ?とか思いながら読んでいました。

 そして新たに知った事。表題の二人を律したのは想像以上に氏親にとっては母、宗瑞にとっては姉にあたる北川殿であったということ。北川殿夫の今川義忠が遠江で討ち死にして、今川家の家督はその従兄弟である小鹿範満に移ってしまい、それを奪還する為に北川殿は弟伊勢盛時に依頼。盛時も京にいては収入が覚束ない乱世になった事もあり、また小鹿範満を支援していた関東勢が弱まった事もあった下向。一貫して伊勢盛時=宗瑞は氏親を支え、その敵対勢力除去の課程で伊豆、相模を制圧し独立した大名になっていきます。しかし宗瑞自身は完全に今川家から独立する事無く、没するまで甥である今川氏親を支えていきます。そう、彼の行動規範はいかにして甥を支えるか、だったのですね。その為、彼とその子供たちは今川家中において准一門として遇されており、と言うことは彼の生前は最後まで伊勢家は今川家の臣下でもあった訳です。

 『他国の凶徒』と言われる事を倦み、北条を名乗って関東の主権者、日本の副将軍を指向する事になったのは息子の氏綱の代ですが、それが何を契機としたのか解りません。そして伊勢→北条となる事によってようやく、完全に独立した大名勢力となります。このあたりはまだまだ研究しないといけない分野だそうです。

 しかし『新九郎、奔る!』では北川殿は仲はいいけど異母姉として描かれています。この後、どうやって物語と史実を整合させていくのかなぁ。とても楽しみです。

 あ、三人の中で一番長生きしたのは北川殿でした。つまり・・・一番個性が強い人だったのかな?