pomtaの日記

だいたい読書感想か映画感想です。たぶん。

日本軍の事を調べれば調べる程・・・

 腹立たしい。解ってはいたけど、入門として読んでみました。

 

 海軍のやらかしが、海軍軍縮会議への反発から始まるとしたら、陸軍のやらかしはどこからなのか。と思っているのですが、そもそも日中戦争の事をほとんど知らない事に気が付いて、読んでみました。解っていたけど、印象としては、腕力に優れた脳筋のガキが、自分の都合で相手に無制限の、つまり自分すら何を要求しているのか分らない戦争を仕掛け、短期決戦しか頭にないので長期消耗戦に持ちこまれて徐々に不利に、厭戦気分になり敗北した、という感じ。

 どうもその後の中国における国共内戦で、中国国民党は自らの腐敗で敗北した、というアメリカの報告を知っていたから蒋介石に対して過小評価していたようです。事、日本軍、日本に関して蒋介石は自身が留学していた事もあり、その長所と短所を見抜いています。規律のとれた勇猛果敢な兵士は短期決戦に強いが、将校以上の人材があまりにも下劣なものが目立ち(蒋介石目線)、これでは兵士は戦えないだろうと判断しています。たぶん士官、下士官たちの兵卒への体罰とかぢゃないですかね。理不尽に思える理由で殴る蹴るしている現場を目撃したのでしょう。なんとなーく、士官たちって自らをサムライになぞらえるのが大好きで、サムライって江戸時代まで支配階級だったでしょう?士官学校で自ら努力して士官に、サムライになった人ってさ、血縁でサムライになった人に比べて自意識高そうでしょ。そういう人って殊更サムライ意識を振り回して、兵卒やら大学出の学士を見下したりするんではないかと想像します。こと、学士への憎悪って凄まじい気がします。英国なら大学出は例外なく士官さまだけど、日本軍は一兵卒に組み入れるもんな。『アーロン収容所』を書いた会田雄次さんが自分が学者だって言っても兵卒だったから信じてくれなかった、とか。他にもロケット工学の専門家を自分に逆らったからって東条英機は最前線送りしたとかね、なんかね、そういう話ばかり聞くと、日本軍って政治センスのない奴らって感じですよね。

 当初は中立であった諸外国も蒋介石の外交、宣伝工作により中国支持になっていき、日本は対外的な宣伝工作はせず国内的な締め付けばかりして、開戦後数か月で厭戦気分が漂い始めたといいますから、自国民すら説得できないありさまですよ。外交官自身が「自国が何やりたがっているか解らん」「外国メディアに触れないと、状況も解らない」って、自国の政府機関すら信じていないのが解ります。

 著者は日本はハードパワーを生み出す能力には長けているけれども、ソフトパワーを使いこなす事ができない、とおっしゃっています。たぶんソフトパワーを使いこなす事ができる政治家や企業家などの指導者が少ない、という事なのでしょう。今現在、安倍内閣ソフトパワーの構築には成功し、日本は孤立しているようには見えません。しかし社員に「やりがい」を求める企業家たちは、「大和魂(これも古典的な意味ではない)」をファナスティックに叫ぶ将校やら大の大人たちに姿がダブると思えるのは、勘違いなんでしょうかね。

漫画の感想

 今回は年に一度ぐらいの頻度で新刊が出るものと、年に三回ぐらい?いや二回かな?の頻度で出るものを購入しました。

 

 表紙のお姉さんが、腕は立つけどプロ意識というか、金銭でほぼ割り切ってしまうドライな人だったので、凄く嬉しいですねぇ。情念たっぷりの悪役というか敵役が、実は苦手と言うか「自己満を満たされたら、とっととご退場ください」とか思ってしまう人なので、ポラリスくんなんかそういうタイプですが、執事である事に拘っていますね。誰なん?

 今回の前半でお色気いっぱい(そして「女は猛獣」という格言を残してオワタ)エピソードの次は、料理人さんの過去を語りながらの退役傷痍軍人病院のエピソードですね。従軍看護師さんあがりの婦長さん(この婦長という言葉は今も使われているのでせうか?)が相手役みたいな。研究肌の死神くんもおるやん。どうなるんでしょうね。

 そういえば料理人さんはアメリカ人らしく、アメリカの戦場で飢餓に襲われたみたいな。米墨戦争ですかね。真相はそこまで悲惨でもなかったよーな、全滅した砦のエピソードとか、確かあったよーな。断片的に流れた回想の雰囲気からすると、南北戦争ではないような気もしますが。どーなんでしょう。

 また続巻は来年ですかね。楽しみです。

 

 『ザビ家の復讐装置』を巡っての三つ巴の争奪戦ですが、主人公サイドがまず手をかけましたね。まぁそのものではなく、それを封印していた飛行体に接触したのですが。

 ここでまた重要人物というか強化人間の坊や・・・という歳でもないよね、一年戦争から十年後の世界なんだから・・・の過去の、ア・パオア・クー戦当時の『同士討ち』と、彼自身の『重い反乱』のエピソードが語られます。

 期せずして二冊とも過去のエピソードが並ぶという・・・偶然ですよ、やだなぁ。次巻も楽しみです。

 あ、百文字ほど不足してしまた。どうしやう・・・あ、そういえば9/30はサンダーボルトの最新刊発売日ですね。自分が購入しているガンダムもの漫画二冊が同じ月に発売とは・・・いや、偶然ですよ、たぶん・・・はい(むりやり千文字こえた

ビリヤニ~

 ひっさしぶりに食べれた~・・・ビリヤニが。ビリヤニをひと月に一回は食べたい病にかかっているようだ・・・次はビリヤニで白葡萄酒ボトルを一本空けたいなぁ・・・そんな事を考えたりしたりしています。はい。

 さて読み終わったものなんかを。

 

 こう書いてはなんですがP〇P新書って、すごくマイルドで一般オブ一般向きってイメージがあり、また巻末のラインナップを見ても・・・右巻き好きな人たちって感じで、まぁ自分の守備範囲ではないよなーっと思っていたのです。しかし著者は平山優さんです。かの『武田氏滅亡』『天正壬午の乱』を発表して様々な歴史的常識を覆してきた方ですから、たぶん良心的入門書何だろうと思っていました。甘かった。

 Twitterで自立する本書を見た時、こりゃ買わねばならぬ!!と決意しました。武田信虎から勝頼までの三代の、つまり武田家の戦国期通史なのですが、色々興味深いです。まず信虎の代は甲斐国は連年のように飢饉やら不作やらに見舞われ、それと政治的な対立により戦乱が頻繁に起こっており、信虎はそれを克服して戦国大名として確立したのですが、戦乱と甲斐統一の記念碑的な、経済的にも統治的にも便利な本拠地建設が大きな負担となり、また物価が高止まりのまま推移し、庶民生活は苦しいまま。当時の甲斐は米ではなく小麦が主食であったそうで(うどんみたいな『ほうとう』という、山梨の名物料理がありますね)、それが室町期も含めて最高水準の物価高という、現代ならば米もパンもうどんも、パスタも全て高いという状況。ふざけんな、ですわな。

 当時は天候不順も支配者の不徳に帰されるので、つまり武田信虎は本人の資質とは関係ないところで責められ、クーデターによって放逐されたというのが本当のところ、らしいです。

 それから武田信玄のやらかしというか、勘違いと言うか、今川攻めで協力した徳川家康の事を織田信長の従属者と判断していました。のちのちはそうなりますが、信玄在世中の両者の関係は足利義昭を擁立する対等な同盟者に過ぎず、信長が家康の行動をどうこう指示、命令する立場にはありませんでした。それを信玄は勘違いして、家康の行動を自分に有利に掣肘してくれない同盟者信長を恨み、両者を敵に回すという決断をします。おかげで信長は足利義昭に見限られるのですが、結果としては義昭原因の大名トラブルからは解放され、なんか解き放たれたように反対勢力を撃破していきますから、みんな大好き信長像を作っていくきっかけは信玄君の勘違い恨み節が原因なのかも知れません。

 勝頼の事績では、信長の外交にしてやられたという感じです。織田家との和睦を試みますが、その気があるように見せかけられて、織田、徳川側への軍事作戦を手控えているうちに状況は悪化し、ついには(結果的に)高天神城を見捨ててしまった事で、戦国大名としての信頼は失墜、雪崩の如くの滅亡という事になってしまいました。

 弱い立場は足元を見られて、より悪い立場に追いやられてしまうのだなぁ、と。そういう感想ですねー。今『日中戦争』の本を読んでいるのですけれども、日本軍、武田勝頼みたいなとこあるよな、とか思ったりしたりね。

 

発熱はツライ

 水曜日はつらかったですねー。例のワクチンを打った翌日、副作用で発熱しました。数年ぶり発熱でしたので、慣れてないからツライ。いや、慣れる慣れないの問題なのか?幸運な事に市販の風邪薬飲んでとっとと寝たら、翌朝はだいぶ楽になっていました。まぁ大事をとって酒を飲みませんでしたが(そこか?

 なので今夜は飲みながら録画しておいた映画見るです。WOWOWで二時間四十五分。つまり正味二時間半ほどの本編でしょう。見ごたえありますね。どういう映画なのか、なんとなーくで選んだから知らんけど(オイ

 それはさておき、病臥中といういいながら読んでいた本は来週です。まだ最後まで読んでいないので。代わりにこれ。

 

 原作小説は持っています。Twitterかなにかで発売している事に気づいて、先週日曜日に購入しました。TRPGの『迷宮キングダム』の小説のコミック版です。三次創作という奴(だよね

 この『迷宮キングダム』というTRPGでは、人間は下から一、二を争う最弱種族でして、解っちゃいたけど、現代最強職とも言える特殊部隊兵士であろうとも、規格外静物ばかりの世界では、誤差の範囲とも言えるもの。それを具体的な絵として表現されると、おお、勇者のいないファンタジー世界とはかくあるものか、みたいな感じで、すみません、楽しい(あ

 十代、二十代の頃は「レベルアップして強くなれなくて、そんなんで楽しいの?」とか思っていたのですが(迷キンでもレベルアップすれば、ちゃんと強くなります。相対的に)、四十代あたりから、レベルアップってやれる事が増えるだけで、相対的に敵も強くなるし、結局同じことの繰り返しでは?と感じるようになると、別方向に興味が向いていくものです。物語的な変化とかね。もしくは、ヒイヒイいいながらなんとかする、とか。迷キン(迷宮キングダムの略称)はヒイヒイいいながらなんとかする、類ももので、しかも理不尽なダイス目によって自分たちの運命が振り回されていくという、ここんとこが好き、みたいな。

 しかし実際にそういう立場に立たされたら、かなわん訳でして、ビジュアルで保護すべき国民やら、か弱き駆け出しランドメーカー(PCのこと)やらを描かれると、こいつは大変な事態だと認識できます。以前速水螺旋人さんのコミックでも迷キン世界が描かれましたが、あっちはシニカルポップコメディでしたから、そこまで実感はなかったですね。

 次巻が楽しみです。あと、原作小説の続編もお願いしゃす。

だるーい

 昨日、例のワクチンの二回目を接種いたしました。昨日はどうって事はなく、麦酒を二缶も飲んでしまたのですが、今朝からだるーさを感じるようになりまして、ああ、ここ数年発熱していなかったけど、こんな感じだったよなー、と思い出しているところです。体の節々も痛い。とはいえ日記を書けているところからすると、三十八度以上ではないでしょう。たぶん。そう信じたい。検温?うーん、体感的にツライと判断できなければ営業するからなぁ。まだ大丈夫かな。

 できれば本の返却&借り出しもしたかったのですが、今、父親が涙腺が詰まって痛い病(どういう病名なのか知らない)の為、眼科に出かけております。初診だから検査とかで午前中仕事になる事は確実。

 一見配達したいお客さんがあるので、それが山場かな。まぁ辛ければ金曜日に回しますが。あ、父親が目の処置を終えた後、隻眼状態になっていたら帰りの運転も自分か。気が抜けないな。

 昨夜、PCゲーの『パスファインダー:キングメーカー』の第一章のラスボスをですね、こいつだけだから倒してしまえ。そして第二章からの領主になるんだーって、やったんですよ。甘かった。最初の挑戦で砦に潜入してボスの右腕を篭絡できたから、んぢゃ行くかーってやったら、あと一歩ってところだったんですよ。ボスは倒したけど、脇を固める敵に殲滅されてしまいましてね。こうなると、このルートでいけるぢゃーんと思い込んでしまいまして、ええっと、クリアした後に攻略wikiを見たら、あと二つ、三つ、手があったぢゃーん!!ってね。

 つまり一杯死んだorz。一杯やり直したorz。ごり押しでクリアしたorz。

 そして、ああ、パスファインダーだよねーっとしみじみ思いました。もうちょっと調べてからやるべきでしたね、はい。

 ただゲーム始めちゃうと攻略wikiを見るにゃスマホでなきゃダメなんですが、このスマホでネットを見るというのが苦手。PCで見慣れているからか、操作が・・・ガガガ。自分からすると見にくいorz。

 ま、初見みたいなプレイで、ヒイヒイ言いながらやるのも、やっぱりパスファインダーだよねーっと思ったりします。相変わらず手動戦闘とか、糧食の使い方とか、解っていないのですけど。今日、明日は静かにしていよう・・・

 うーむ、WOWOWで録画した二時間四十五分の映画を今夜見たかったんだけどなー・・・。あ、まだ二十文字足らないぢゃーん。よし千文字達成。

喉痛い

 そろそろ朝晩が過ごしやすくなってきたので、エアコンをつけずに窓を開けて寝ておりますと、ええ、喉をやられやすくなるという事です。うがい、うがい。

 本当は土曜日に行こうと思っていたのですが、昼下がりでもまだ台風の影響があったので日曜日に行ってきました。知り合いの方が経営されている喫茶店です。住所を見てだいたいこのあたりだろうとあたりをつけて行ったのですが、見つける事ができました。閑静な感じでまったりできます。本を持ち込んだら本を持っていく、という事をされていらっしゃいまして、何か持ち込んで欲しいような事を言われて、はて、最近読んでいるのは歴史関係ばかりで小説の類は・・・ま、『グラン・ヴァカンス』を持ち込みますかね?少しでもファンを増やして著者の飛さんへの著述圧力に変えていこうという(オイ

 店を始められる前に何度か飲ませていただいていたので、浅煎り珈琲とお勧めをいただきました。浅煎りの味はこの方に教えてもらったようなものなので、たぶん伺うたびに一杯は浅煎りを選択するでしょう。ミルクも砂糖も入れずに飲む派なので、珈琲の味が明確に解るのが嬉しいです。月一ぐらいは伺いたいところ(大曾根自体にあんまり用事がないもんで。さーせん

 さて読み終えたもの。

 

 織田信長に殲滅戦をくらったー、という事で良く時代小説ネタになるアレです。内容は室町期から江戸時代の幕藩体制になるまでの、つまり戦国期伊賀国の通史みたいな感じ。一次資料が少ない為、そうなるざるを得ない。伊賀守護が小国とはいえ網羅的に支配を貫徹できなかったところに特徴があります。というか、畿内近国にありがちなのですが、公家、寺社の領地権が錯綜しており、それを盾に現地の侍、国人たちが小規模分立をしていた為、守護が一国支配できなかったという感じ。また交通の要路といいながら小国で生産力も乏しいので、紛争の中心地になる事はなく、国人たちが傭兵として他勢力に雇われるとか、周辺の大名との同盟関係から出陣するとか以外は、比較的戦乱にさらされていなかったと。

 しかし伊賀南部に影響力を持つ北畠家織田家に乗っ取られたあたりから風向きが変わり、北畠家中の北畠派と織田派の対立から迂闊な伊賀への出兵、敗北で、織田家の解決待ち事案となってしまいます。そして本願寺などの畿内の敵対勢力が敗退、和睦して戦力に余裕が生じた時点で、伊賀衆はそれまで体験した事のない、徹底的な包囲殲滅戦に遭遇します。分立状態で惣国一揆と言いながら攻守同盟でしかなく、積極的な外交を行う事もなかった伊賀衆は、緒戦は善戦しますが継戦力はなく、瞬く間に勝敗は決しました。この辺、信長の戦略センスはいいよね。手際がいいというか。

 まぁ忍者の存在自体江戸時代後期からみたいな感じで、この時代のシノビノモノは火付け強盗、機動力を持つ傭兵って感じで、中には特殊部隊みたいなワンマンアーミー能力のある人もいたかも知れないけれども、超人的な何かではないよーって事ですね。

 戦国期伊賀国の概観を知るにはよい本です。

慌てた

 仕事中にいきなりネットが繋がらなくなったので。慌てて電話して、結局LANジャッキの接触不良という事が判明しまして、はぁ、良かった。解ってみれば簡単な事ですが、判明するまでは、あたふたしてしまいますからねぇ。

 『パスファインダー:キングメーカー』も・・・ああ、これかーっとようやく問題解決。昨晩ちょろりとやりました。扉の鍵が解らなくて止まっていますが。どっかの動画を見れば解るだろう、たぶん。

 そして読んだもの。

 

 改めて中東と呼ばれる地域の通史を読んだみたいなものですが、古代より幾多の民族、文化、宗教が行きかい、分立する地域ですからトラブルの宝庫な訳ですが、記録に残る人類最古の文明地帯である事も確かでして、そこで生きる人々の知恵というものがあります。互いを認め合う『寛容』というもの。これが最後に機能したのがオスマン帝国時代でして、それ以降、欧米の『近代化』とやらが暴力とともにやってきて、自らの価値観、都合でいいように引っ掻き回した挙句、混乱が収拾する道筋がつかない国が多いという。

 イスラムに民主主義が定着しにくい、と思いがちですが、そうではないでしょう。独裁というものは純粋な形では成立しません。独裁者でも人数はさておき、スタッフ、側近、何某かの人々に諮問したり、会議したりしなければならず、コンセンサスを無視した施策は、たとえ有用なものでも人々の支持を得にくく失敗しやすいものです。寡占とはいえ長老会議のような形で合議をとり、物事を進めるのが、だいたい人類史に普遍に見える政治形態です。

 実は民主主義というものは実に排他的なものです。建前上、参加する人々全てを平等に扱わなければならない民主主義は構成員が少数であればあるほど原則を守れます。単一民族国家になるか、全ての民族に平等の権利を与えるか。残念ながら日本の民主主義は日本人のみに権利を与えるものです。それ以外のいわゆる『外国人』は納税していても選挙権、被選挙権を得る事はない。帰化して日本人にならなければならない。しかしそれが悪い事かと言うと、国家への帰属意識、愛着がある人物をどのように見分けるのか、きわめて主観的な問題であるのに、物差しは客観的である事を要求され、そうなると帰化するかしないか、となるしかない。

 異なる人々のアイデンティティを認め、平等の権利を保障する事がいかに難しいのか。人間であるだけで同胞意識を持つには、外敵の存在がなければ不可能なのか。

 本を読み終えて感じたのは、いい加減、無思慮に自分たちの価値観、天真爛漫、あるいは悪意な無知を持ったまま中東の問題に介入してはならないという事です。

 多種多様な人々が平和裏に存続していた過去はあるのに、今現在は血で血を洗う戦いが絶えない。その問題がどこからやってくるのかを見極めないと、いけないのだなぁ、と。中東は今も昔も、人類にとっての試金石になっているのかも知れないです。