pomtaの日記

だいたい読書感想か映画感想です。たぶん。

久方ぶりの図書館

 3月上旬の整理期間前に借りに行ってからなので・・・三ヶ月ぶりですかね?色々と規制がありましたが、さっと行って返して、さっと借りて帰るだけのアタクシとしては、マスク着用圧以外は別に変わりないです。・・・マスクして小一時間図書館うろつくだけで暑いです・・・はい。

 とはいえ、結構在庫が出払っている状況でしたので六冊借りたうち三冊は再読。三冊が初めて読むものですかね。自分としては『明智光秀』の論考集と古代から中世イスラーム期における『アレキサンドロス大王伝説』の変遷を研究した論考を借りれたのが大きいです。にひひ。

 そのうち『アレキサンドロス~』の論考は、Fate系の作品に出てくるものや、擬人化?女性化?されたゲームのアレキサンドロス大王のデザインとか、設定とかが気になりましてね。古代ギリシアの、伝説部分をそぎ落として史実に近い姿を読んだ身としては、そういう創作系のアレキサンドロス大王に違和感がありましてね。あれの元ネタ、特に二本の角を生やした姿は一体どこからきたのだろうと思っていましたから、きっとアタクシの好奇心を満足させてくれるに違いないです・・・人を撲〇できるぐらい太い本ですが・・・

 それとは別に密林から購入して読み終わった漫画二冊。

 

カルバニア物語(19) (Charaコミックス)

カルバニア物語(19) (Charaコミックス)

  • 作者:TONO
  • 発売日: 2020/05/25
  • メディア: Kindle
 

  マイナーだから仕方ないのかも知れないけれど、はぁ、本屋の棚で探しきれなかったので諦めました。マスクして探すの、暑い(それかよ

 舞台は近世っぽい、ヨーロッパぽい世界ですが、ジェンダー的な事柄を扱う事が多いマンガですよね。あと前例がない~とか言う人々を納得させるというか、流させるというか、そういうエピソードが多い気がする。決めつけられて人間性を否定されている人とかに、なんか寄り添っている作品かもしれない、とかなんとか思ったりしました。

 

ウサギコットン100% 2 (楽園コミックス)

ウサギコットン100% 2 (楽園コミックス)

 

  ウサギのぬいぐるみが、ウザい。そういうマンガです。そういえば家に一巻があるんですよ。それで随分経過していたから、打ち切りかと思っていたら、連載していたんだ、この、まったくハートフルではない、ろくでもない登場人物・・・ぬいぐるみや人形は登場人物に入れていい・・・よな。そういう漫画だから。

 呪いの人形とか、ぬいぐるみが供養の為に集められたお寺さんが一応舞台だけど、ウサギ・・・面倒臭いし、ウザい。まぁ、こういうゆるいガワで裏切るところが、この著者の方の作品でして、好きなんだなぁ、こういうのが。なんで好きなのか、解らぬ、解せぬ~(オイオイ

深夜の暴食は

 そんなに美味しい訳ではないナ。葡萄酒一本干すつまみがいるので、ばかばか食べていたけど、夕食の上にそれをやったら食べ過ぎなのですよ、明らかに。そんな当たり前の事に気付いたのが日曜日の晩、父親が不在だったので自分の分は自分でこさえたショートパスタで飲み食いしたところ、当たり前なんだけど美味しかった。明らかに二人分はあったかも知れないけれども(タマネギをどうしても一個分使い切りたい奴)、それでも余裕がありましたから。

 という訳で、深夜につまみを大量に用意するのはやめませう。太るし(当たり前ぢゃ)。蒸留酒なら一本干す義務はないしな(やったら死ぬ

 さて見ていた映像は落語とか、『時効警察始めました』とかなので、それは他にも書いた憶えがあるし、とりあえず読み終わった本ですね。

 

星系出雲の兵站―遠征― 4 (ハヤカワ文庫JA)
 

  異星知性体が、どうやらもともとの母星で、太古の昔に破滅的な事件に陥ったらしい事。それが分裂して母星系に残り存続しているものと、人類が進出した星系に何千年という歳月をかけて移動してきたものと分かれていること。

 個体意識は存在せず、数十万を超えたあたりで群体が意識を持ち自我を持つようになるらしい。そして集団の利益にそぐわない場合、意見を異にする集団を躊躇なく粛清するらしい。

 そんな事が解り始めた矢先の巻末に、実にあっさりと壊滅的な事件が述べられていて・・・ええっと、ええ!!そして次巻完結って、えー!!それは『-遠征-』が完結なのか?シリーズとしての『星系出雲の兵站』が完結なのか?

 異星知性体との交渉とかは、この物語では成立しない気がします。つまり共存できない。相手は戦略にそぐわない身内の集団でさえも粛清するのに躊躇いがない。そして巻末にかなり決定的な事をやりましたからね。これ惑星一つ無事では済まないのでは?

 次巻は8月に出るそうですが、どんな結末になるのでしょうか?楽しみすぎる。

 

  上記の物語に比べると、こちらは『優しい』世界だよなぁ。どうもAIらしい『霧の艦隊』ユニットは人間の思考を参考にし、人間に対し『贖罪』すらするんですもの。ただし彼女たちが下された命令は人類を海洋から排除せよ、というものではあって、人類の抹殺ではないのですが。とはいえ地球規模の物流で生存していた人類(特に日本なんかの島国)からしたら、生殺しと同意義で、どーしてそんな命令の下に彼女たちは動いていたのでしょうかね?解りやすい話はなかったと思うけど。

 こちらも次巻か楽しみです。

 あと、密林で頼んで今日届いた本がありますが、それは明日に回します。もう1000文字超えたしナ(あ

ネタ・・・ネタ・・・

 新しく購入した本はないです。本屋さんの棚に見当たらなかったので、もう密林に発注しました。はぁ、ジュンク堂ロフト名古屋店なら簡単に見つけられたのに・・・いや、ツイッターで北九州最大規模の本屋、福岡のジュンク堂が入っている建物建て替えのために営業停止になるってニュースがあったので・・・名古屋の方は閉店だったからなぁ。たぶん家賃と売り上げのバランスシートが狂った(赤字になった)からだろうけど・・・あのくらいのコミックスと文庫本と新書の品揃えがある本屋なんて、もう名古屋では開かれないかも。電子書籍化の波がやってきているもんなぁ・・・

 それはいいとして(いいのか?)、今夜の暴飲暴食ですよ。まぁだいたいイメージは固まってきました。胡椒系の味付けの肴をいくつか調達しましたので、白葡萄酒にするかなぁ、と。明日、KFCに散歩がてら買物に行くつもりなので、明晩はカーニヴォかなぁ、と。そして明後日、どうも父親が晩飯に間に合うのか?という感じなので、トマトペーストとチェダークリームチーズに水煮鯖缶をほぐして、ショートパスタと和えてやろうかと。こちらに辛口フルボディの赤葡萄酒を合わせてはどうかなぁ。コンソメで味付けする予定。

 あ、そんな感じで飲みのイメージが固まりましたね、はい。

 絶賛読書中の本はあります。星系出雲の兵站-遠征-の四巻です。残すところ1/3ですので、月曜日の日記には書けるんぢゃないかなぁ?妙な雲行きな内容になっていますが、詳しい事は月曜日に。

 んで今600文字超えたところですよ。あと400文字余りのネタ?なんぢゃろ・・・あ、5月に一人飲みに行きたいなぁとか口走っておりましたが、結局行きませんでした。行ったところで何かできる訳でもなく、なので。来週火曜日から、ようやく愛知県図書館が再開するので、都合三ヶ月借りっぱなしの本を返却するです。その事も念頭にあったので、5月の締めは今日中に終わらせました。・・・具体的な数字は解りませんが、昨年に比べると、締めるのが楽・・・という事はやはり売り上げ的にはアレなのかな?うちはザルなので例年比なんてしていませんが(したところで、どーにもならん、という諦観がありましてな。目標を立てても、何をしても、結局安売りに落ち着いたら、何やっているか解らん状況だし、うちらのような業務仕事ですと継続して買って下さるお客さんこそが『お客』でして安値に引かれて業者を頻繁に変えるような方は『お客』ではないんですよ。個人の感想ですが)、まぁアンテナ立てて、機会を逃さず食らいつくぐらいの事しかできないかなぁ、と。

 感触としては一部のお客さんを除いて例年に近いものがあるのですが、その一部のお客さんの業種が、やはりふるっていないのだろうなぁ、と。金属加工系は物作りの大本みたいなもんですからね。生産量はへこんでいるんだろうなぁ、と。

 新型コロナ・ウイルスの影響はまだまだ続くでしょう。ワクチンや効果がある薬が『発見』されなければ、制限のある生活が続くでしょうし、つまりカラオケとかでやるTRPGやらボドゲやらは、またまだ遠い・・・名古屋の生涯学習センターは来週から開館するらしいですけれど、どのようなもんですかね?TRPGをオフでやる際、どのような取り決めが必要なのか。あ、アタクシは個人的には、別にやってもいいんですけれども、こういう事は気にされる方のイニシアチブですから、はい。

 そんなこんなで・・・あれ?ネタがないと言いながら、文章量、多くありませんか?(オイオイ

戦争調査会

 再読した本です。

 

  敗戦直後の首相、幣原喜重郎の発案、肝いりで極東裁判とは別に、日本が壊滅的な敗北を喫した『戦争』の起源を探ろうとしたしたのが『戦争調査会』というものでした。しかし調査委員に元軍人が含まれている事にソ連と英連邦・・・というよりオーストラリアとニュージーランドが猛反発し、「今度こそ『勝つ戦争』をする為の研究ぢゃないのか?」と言われて、ぽしゃってしまった企画です。それでも調査資料は全十五巻の冊子にまとめられ刊行されました(二十一世紀に入ってからですが)

 公文書焼却とか、関係者自害とか、証拠隠滅されてしまった中でも膨大な資料が玉石混淆に集められているので、今後これを元にして戦前、戦中の歴史研究が進展する事を願ってやまないのですが、最近の状況というか、議会政治をやっている限りは繰り返される事が、1920年代、そして戦後の議会制民主主義政治でも起きているのだなぁ、とまたまた思いました。

 特に野党が繰り返し訴えている『二大政党』って、そんなにいいものぢゃない、というか、1920年代にそれで失敗しているのですよねー。この時期、日本は政友会と民政党という二大政党が議会の過半を占めていました。戦前の日本って憲法ドイツ帝国をモデルにしているのに、運営は立憲民主主義のイギリスを目指しているようなんですよ。まぁ天皇家を守ろうとしたら『君臨すれども統治せず』のイギリス式がいいに決まっています。権限を持ったら責任が生じ、責任をとるとなると天皇家を排除せよ、なんて声があがらないとも限らないのですから。このあたり軍部は解っていないのですが、その事を、つまり『天皇大権』って憲法に書いてある!!と自覚させたのは、実は政党政治家でして、当時第一次大戦後の日本は、戦争景気が終了し不況になりました。それに対する為に民政党は緊縮財政、軍縮を訴え、政友会は投資拡大を訴えました。

 1920年代は各国とも肥大した軍事費削減を考え、軍縮ムード。日本においても民政党が政権を担って国際協調路線でしたが、それが行きすぎて軍人蔑視が進んだらしいです。まぁ無理もない。国家予算は五割近くが軍事費という、なんぢゃそら、という状況なんですもん。そして第一次大戦は最終戦争と考えられていて、もう戦争がないなら軍人なんてお払い箱。世間の厳しい空気に若い軍人ほど絶望して過激化するのですが、その軍縮会議に反対する為に政友会が「軍事費に関して政府が主導するのは、天皇統帥権侵犯ではないか」みたいな事を言い出して、ややこしくなったと。

 そして政権を握った政友会は軍事費に対して口出しできる状況にはなく、日中戦争に暴走する軍部を止める事はできなかった、とかなんとか。

 二大政党制だと対立軸を何としても作り出さねばならず、こういう事が起こりうる、という前例ですね。

 野党というものは政権与党を攻撃するのが使命であり、これはどうしようもなく、与党はその野党の攻撃に対処して、より政策、法律の精度をあげるのが望ましい姿なのでしょうけれども、批判する側が〇能だと、何だか良く分かんない政治混乱を招くだけ、という気がします。

 議会制民主主義のいいところは「代わりはいくらでもいる」であり「血を流さずに支持を失ったものは失職する」ところだと思っています。でも誰でもいいって訳ぢゃないし、なんだかねー、と思う時もあるし。ああ、何が言いたいのか解らなくなってきた。あかんなぁ。

落語の生配信

 先月の二十一日から三十日、そして今月の二十一日から三十日と、寄席でトリを勤める予定であったのに、新型コロナ・ウイルスのお陰で寄席は開かれず、コン畜生という事で、YotTube春風亭一之輔という方が配信されています。他にも落語家さんやら講談師さんやらが配信されていますが、まぁそんなに立て続けに見れないので、今のところ一番面白いなぁと思っている一之輔師匠の配信を見ています。

 4月は生では見なかったのですが、5月は落語だけでなく色物さんが出られて、しかもアーカイヴでは残らないというので、寄席で演じられている色物、紙切、謡、手品、漫才、そういうものがどんなものか見たくて生配信を見ています。

 名古屋の大須演芸場は寂れてしまって(あ)、十日間だけ落語とかやって後は貸し出しというホールみたいになっていますので、なんかアレだよなーっと思って見に行った事はないので、色物さんもあんまり・・・な、感じでいたのですが、これが面白い。二十年前は東京の寄席も衰退甚だしかったようですが、ドラマとかで落語家が取り上げられると興味を持った人が寄席にやってきて、そういう人の好みに合う落語家さん(たぶん現在五十代から四十代の真打ちさんたち)がいらっしゃったので、ここ最近は落語ブームになっているそうです。TVとかではあんまりやらないけどね。

 そんな衰退時代からやってらっしゃる芸人さんたちですから、つまり練られておられる訳で、紙切の方は叙勲?人間国宝?みたいなレベルですよ。江戸家小猫さんはお祖父さんとお父さんがTVに出ていらしたので名前は聞いた事がありますが、動物物まねで親子四代続いているそうです。犬猫だけぢゃなくて、ヌーの鳴き真似もしていらっしゃいましたが、芸もさることながら、皆さん話術に長けているのですよ。落語を聞きにきた客に別の事を見せたり聞かせたりするのですから、それぞれがそれぞれ味があり、ふとしたおかしみを感じるのです。

 数年前に母親が、亡くなった母方の祖母や叔母、叔父と一緒に(つまり存命の家族で)東京に行ったとき、目が見えない母でも寄席なら良かろうと連れて行ってもらったそうですが、あの人、興味がないもんだから「つまらん」って。あーあ、勿体ないですよねー。まぁ興味がない人がいっちゃダメなんですけどね。代わりにあたくしが、という訳にもいかない。仕事あるし、その時は落語は興味があるけど、それ以外は特に・・・って気持ちだったので。

 機会をみつけて寄席に行くのもいいかも知れませんねぇ・・・でもトリの終了が九時過ぎか。あ、ライブを見に行ったのと同じ感覚で行けばいいのか。なるへそ・・・

 

マスクが耐えがたい。

 店にいる時は家族だけの状態がほとんどなので、マスクをしていません。外を歩く時も、人混みが嫌いな(はっきり書いてしまった)アタクシは人混みを避けて行くのでマスクをしません。しかし緊急事態宣言が解除された本屋は人が多くなったので、マスクをするようにしています。あたしゃマスクは防衛用ではなくて、他人様に飛沫を拡散しない為のアイテムだと思っているので、人様がいる場所ではマスクをするように心がける事にします。

 んが、本日蒸し暑かったこともあって、これが非常に蒸れる。暑い。氷嚢をいれるタイプのマスクが販売されると聞いて「なんぢゃそりゃ」とか思いましたが、ごめんなさい。確かに必要だわ。しかしユニ〇ロが通気性にすぐれたマスクを開発するとかニュースを見たら、それは違うんでないの?とは思いましたナ。通気性を良くしたら、マスクの意味なんて半分方ないよーな気がする・・・まぁいいけど。

 久しぶりに「麒麟がくる」の話。信長暗殺未遂の話ですが、その実、斎藤義龍別れのご挨拶、とでも言うべきエピソード。まぁ病死してしまうからね、彼は。信長と雌雄を決する事はなかったし。やり手エピソードを突っ込む時間はなかったようですね。道三との相克も外交方針に違いでなく感情的なものが根っこ、みたいな表現でしたし。

 しかし道三との戦いで斎藤義龍サイドが圧倒的に有利だったのは、守護代斎籐氏の伝統的な『西軍派』路線を彼が採用したからぢゃないかしら、と思ったりしています。応仁の乱の影響は、この時代でも色濃く残っていまして、確か清洲織田家は東軍方で、その部下から身を起こした信長の系統は、どちらかというと足利義輝に近しい勢力と友好関係を結んでいて、道三はそちらと友好関係を深めて美濃を孤立しないようにしようとしていた説があったよーな。しかし伝統的な外交方針とは180度異なる話なので反発が激しく、反対派と同調した義龍の圧倒的な軍勢に敗北、戦死した、みたいな。

 ちなみに西軍方は六角とか阿波三好とかなんですけど、このあたりも、すっぱーんと線を引いて区別できるようなものではなく、その時々、それぞれの勢力の都合により(敵対しているあいつが西だから、俺は東につく、みたいな?)ころっころ立場が変るので、あんまり万能な説ではなさそうです。

 現在のドラマの進み具合だと、『永禄の政変』前後、つまり足利義昭と光秀が巡り会う前後までは撮影が終わっていそうですね。撮影再開が7月ぐらいだとすると8月ぐらいから放映が再開される、といいなぁ?って感じなのでしょうか。

 なんとなーく、信長が『魔王化』したと見誤って本能寺の変を起こすけれども、やっちまった後に誰も、マブダチ細川藤孝すら味方になってくれなくて「どうしてこうなった?」みたいな後悔のち、自己整理で晴れ晴れ決戦、敗北。野垂れ死に。みたいなラストが見えるような気がします。解りませんが。

 信長が『魔王化』したら見るのやめるつもりなんですけれども、さぁて、この予想ならば最終盤までならないのかなー・・・どーなんだろ?

酒の味と料理を合わせる

 なんとなーく、コツというのか、傾向、というのか?甘みを感じる料理には辛口の酒、というのがいいよーな気がしてきました。もともと甘口の酒は好みませんが(飲めない訳ではなく、一本干す事が不可という事なのですが)、料理は割と色んな味付けを楽しみます(だけど辛口傾向が好みではある)。

 先日のNHK-BSPで放送されていた「あてなよる」という番組で豚ロースのソテーに辛口白葡萄酒を合わせていたのを見て、豚肉や脂身の甘さに辛口の酒、というのです。試しにローストンカツに辛口赤葡萄酒を試したら、ん?なるほど。と思えましてね。肉に白?って最初思ったけど、辛口の白ならいいかも知れない。次の機会に試してみようかな?

 さて金土の深夜は暴飲暴食で過ごしております。同時に映像作品を見て過ごす訳ですが、金曜日の晩は、ああ、これは60年代のハリウッド事情に詳しくないと、そんなに楽しくないやーっと思って早送りしてしまいました。映画ですけどネ。その後に録画していた「あてなよる」を見ましたが、既に一本空けて、アレな状態デスから、前述の事ぐらいしか憶えていないという・・・ 

 そして土曜日の晩はこれを見ました。

 

Diner ダイナー

Diner ダイナー

  • 発売日: 2019/12/18
  • メディア: Prime Video
 

  原作小説を読んでから見ました。主人公のオオバカナコの設定からして異なっているし、小説のオオバカナコは重いし、迂闊な人生を歩んでいましたが、それでもきっかけさえあれば雄々しく自立できる雰囲気はありました。

 んが映画の方は、か弱い、というよりも、ひ弱。孤独であり路傍の石とでも言っていい感じ。よくもまぁあのラストに行ったな、と。日本よりも格段に治安が悪そうだが、彼女なりに覚悟が決まって性根が座ったのかな?

 藤原竜也さんは、藤原竜也さんですね、はい。なので筋はだいたい同じだけど、違う物語として楽しめました。蜷川実花という監督さんは愚か、父上の故蜷川幸雄さんの演出作品を見た事がない人間なのですけれど(大御所扱いの人の作品を見て〇望する事ありません?あたしゃ落語で結構ありました。だから避けている・・・かも知れない)、毒々しく華々しく、架空のぶっちぎれた悪党どものぶっ壊れ方が表現されていましたね。

 まぁ、ああいう食虫植物をイメージさせる舞台や登場人物がバラ撒かれている中に立つには、玉城ティナさん演じるオオバカナコぐらい、ウスバカゲロウを連想させる頼りなさが必要なのでしょうね。そうでないと埋没してしまうし。

 これぐらい、ぶち壊れた世界観、演出、物語を徹底してやってくれると、日本映画も楽しいなぁと思いました。

 でも・・・ボトルにダイヤモンドと一緒にぶち込まれたウォッカって、そんなに飲みたいか?投機対象だよね・・・それって(あ